『君の香り』

  • 華彩なな 公式ブログ/『君の香り』 画像1

匂いフェチな
ななちデス☆



そんな私の初めて書いて歌にしてもらった詞は

『君の香り』

デスo(^-^)o



コレとってもイイ歌♪
なので、
よかったら
歌詞見て下さいo(^-^o)(o^-^)o





『君の香り』

詞・華彩なな


なれない裾をまくりあげて
走って会いに行った
鈴虫がうるさい位の夕暮れに

照れて顔出した首筋と
息が苦しい胸元
照れ笑いと汗ばんだ額
君は笑ってた




あの夏の日に二人見た
空の華
キラキラいつも輝いて
眩しくて見れなかった
君の横顔


ずっとお気に入りだった
コロンより
大好きな香り見つけた
君と出会った夏の日の
太陽の香り





キンモクセイの花の香りを
見付ける競争をしたね
君に敵うモノが無くて
ヤキモチ焼きな私

君のくしゃくしゃな笑顔と
強がりと弱虫の同居
頼りないその華奢な背中も
大好きだった




あの夏の日の空の下
手を繋いで
初めて二人キスしたね
照れ臭くて見れなかった
君の唇

君の香りのする夏が
またやってきたね
走って会いに行った
君の香りする夏に
赤い浴衣で




♪ななち♪