心の中の宝物

  • 金籐清花  公式ブログ/心の中の宝物 画像1


この季節になると
教育番組で

小さいころからうちが
大好きな人形劇がやります(*u∇u。




ある貧乏な夫婦が居ました

あと少しでクリスマスイブです

まちはキラキラしています
キラキラしている町を二人で歩いていると可愛い髪飾りがありました


「君の髪に似合いそうだ。」
「私の髪には何もいらないわ(笑)」

2人は幸せそうです


少しいくと懐中時計のシルバーチェーンがありました

"彼の大切な懐中時計にはこれが絶対似合うわ。彼へのクリスマスプレゼントはこれしかないわ"

彼女は心の中で思いました


クリスマスイブがやってきました。
この日まで節約をして一生懸命貯めたお金…


こんなお金じゃ何を買えるっていうの??

彼女は落ち込みました。


彼に何もあげれないクリスマスイブなんか過ごしたくない…。と



そしていいことを思いつきました。

そうだわ!!私のこの長い髪を売ればいいのよ!!

美容室に向かうとバッサリと自慢の髪を切り落とし、売りました。20砲砲覆蠅泙靴


急いでシルバーやさんに行くとそこにはお目当てのシルバーチェーンがちゃんとあります。


「よかったわ。待っててくれたのね。でも、こんな髪じゃ彼はなんていうでしょう…。」

21砲離轡襯弌璽船А璽鵑肋し高いと思いましたが、彼の喜ぶ顔と比べると、安いものです。


家に帰り、短くなった髪をできるだけ可愛いくセットし、彼の帰りを待ちます。

ただいま〜。今帰ったよ。

妻の姿をみた彼は少し悲しい顔をしました。


「やっぱり残念だった?やっぱりあなたには長い髪のあたしじゃないとダメだったんだわ。」

「なわけないじゃないか、僕は自分の妻を髪の長さなんかで決めないよ。ただ…」


彼が出したのはクリスマスのプレゼント。

中には、あの日2人で見た髪飾りがはいっていました。

「これ…どうしたの??」


「僕の懐中時計を売って、買ったんだよ。」



2人はは互いに一番大切な物を売ってでもお互いに喜んでほしいと思ったんです


「これはしばらくしまっておこう。……今の僕たちにはちょっと立派すぎる。(笑)」

それからも
2人は幸せに暮らしましたとさ。


長々とごめんなさい(^^//

髪飾りを飾る髪もチェーンをつける懐中時計ももうないけど、2人の愛情は美しいなっておもいます。


今年も今日の朝見れて心暖まりましたよ////



ちなみにクライミング仲間のたかちゃんママに頂いた髪飾りです(*´∇`)


コメントまた返しますね\(^O^)/♪