此れと共に

  • 神條零柩 公式ブログ/此れと共に 画像1
また真面目な話をしましょう

私は、小学校入学前に病気が落ちついてたのですが、小学校5年の時にある病気が再発し、競泳選手を辞めるかどうかの選択肢を迫られました。

何故かと言うと病院に通うと選手を辞めなきゃいけ無いし、通わ無いと発作が出たら死と隣合わせだったからです。
自分は、覚悟を決めてました
どうせなら、大好きなプールで散りたいと…
通院及び服薬を拒否しました。

中学卒業の時には看護科に入学する為、競泳を無理矢理引退させられました。
まぁ、イジメにもだいぶ耐えましたが…
高校を卒業して4年が経ち再び大きな発作が再発しました。
其れ迄は頭痛と焦点がぼんやりした状態が続いてましたが、仕事のストレスと疲労で、出勤前に倒れてしまいました。
一時間以上意識が有りませんでした…
そして、現在に至り通院生活を余儀無くしてます。

病床上の世話をしなきゃいけない人間が健康で無いのが辛い話です。
色々な患者様の笑顔を見るだけでも楽しいから無理矢理でも身体を動かしてるが…其れは、あくまでも私の症状が悪化を早まらせるだけ
だから、今月は療養を頂いてました。

来月からは、皆様の為にまた出来る事を演りたいと思います。
総合芸術家のプライドを持って。

もう少しだけ、皆様こんな我儘な奴について来て下さい、お願いします。

こんな長文を読んで頂いた方に
Special Thanx☆

From Reiki Kamijo

 
  • コメント(全1件)
  • FLAM MABLE  
    10/27 07:58

    病気を抱えて頑張ってる人はたくさん居てます
    うちの単車友達は峠で転倒左足ヒザ上20センチから切断
    族もちでした
    もう一人単車友達は大型トラック正面衝突で即死それもまた家族も
    うち等生きてるだけ良かったですなぁ

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)