2013年に36歳が考える。

CAT:ブログ
今の気分は…
『精霊流し / さだまさし』

報道ドラマ?なるものを見てました。
戦時に島田さんのような素晴らしい人がいらっしゃったって…子供の頃習った中では全然見かけなかった気がする(^-^;)

まぁワタクシ、浅学なもんですからあったのかもしれません(笑)
イメージだけの話で申し訳ないのですが、ん十年前の小学校の道徳の時間と言えば、ひめゆり部隊の方々や特攻隊など自己犠牲の精神を尊ぶ教育が主だったような気がします。

テレビでもこう言った『その時代の流れをよしとせず、正しいことをする』人にスポットが当たり出したのは、戦後50年を過ぎ、平成も落ち着いたあたりの世代になってからではないかな、と。

時代が時代ならまだまだ批判のある番組だったのかと思うと、時代の変化をほど強く感じます。

正直、小学校、中学校の道徳の授業と言うのは差別や戦争についてなど気持ちのいいものではなく、全く好きではありませんでしたけど。
それが頭に残ってるからこそ、こうやって今、改めたて考えることができるのかもしれませんね。
来週は終戦記念日。
黙祷しましょうね。