中崎町『佐野熱帯魚』

  • 甲斐 真里 公式ブログ/中崎町『佐野熱帯魚』 画像1
  • 甲斐 真里 公式ブログ/中崎町『佐野熱帯魚』 画像2
  • 甲斐 真里 公式ブログ/中崎町『佐野熱帯魚』 画像3
CAT: ブログ
今の気分は…
『翼を広げて / DEEN』

中学、高校と熱帯魚ヲタの道をひたすら突っ走ったアタクシ( ̄∀ ̄)

そんな男の聖地だったのが鳴尾にあった『鳴尾熱帯魚』、尼崎の『阪神熱帯魚』、そしてこちら、大阪は中崎町にある『佐野熱帯魚』だったのですー(^-^)v

ちなみに鳴尾熱帯魚さんは阪神大震災が大打撃となり店を畳まれました(;´Д`)

尼崎の阪神熱帯魚さんは高校の時ぐらいに改装されて広くて、魚種が豊富、なのにスゴく安かったなぁ♪
何年か後に覗いたら中学の同級生(ヲタ友w)が働いててびっくりしたっけ〜(笑)

で、こちら、佐野さん。
淡水魚専門なんですがここも魚種のマニアックさと、普段どこ行っても高い種類がとんでもなく安く売られていたり。
マニアック心をくすぐる熱帯魚屋さんなのです( ̄∀ ̄)
中学の時は西宮から…自転車で来たなぁ。
片道3時間ぐらいかけて(笑)

現在は飼ってないので来ることになるなんてまったく考えてなかったんだけど、宿が近くで思い出したことと、空き時間がちょうど重なり、郷愁に駆られ来てみたわけです(^-^)v

店内昔と変わらず、薄暗い中にもスジの通った熱帯魚道(何それw)を貫くお店!
シルバーアロワナ&レッドテールキャットの水槽は『シンリ的好きな熱帯魚ランキング』のランキング1-2フィニッシュな組み合わせなんで毎回立ち止まっちゃいます〜(≧∇≦)

そして今回の拾いもの、『アリゲーターガー』!!
なんと、780円!!(°□°;)
こいつ、成体で150〜300cm、3メートルにもなるやーつーですよ!?(もちろん飼育下ではムリね)
それが、このお値段(°□°;)
びっくり(笑)

あと、『シノドンティス・フェザーフィン』。
シノドンティスってナマズの系統で、4本のヒゲに枝が生えてて、自分的に熱帯魚の中で1,2を争うカワイイやつなんです♪
でも。学生時代、高くて手が出なかった魚でもあります。
今はわかんないけど『シノドンティス・アンジェリカス』ってのが当時6800〜9800だったのです。
もちろん1匹が(゜∀゜;ノ)ノ
しかも安くてそれ。高かったら2万近くしたなぁ…
飼うのもレッドテールやタイガーシャベルなどの大型魚と違って難しくて。

その中のフェザーフィン。羽のヒレ?軽そうってことなのかな?
同じようにヒゲが枝分かれしてるカワイイやつ。
なんと…
250円!?(°□°;)
や、安過ぎる…飼いたい気持ちがムクムク(;´Д`)

だから、熱帯魚屋さんって入っちゃいけないんだね〜(笑)
なんやかや、これだけブログ書くあたり堪能したのは確かだなー(^w^)