映画『ソーシャルネットワーク』

  • 甲斐 真里 公式ブログ/映画『ソーシャルネットワーク』 画像1
今の気分は…
『Alone Again / Gilbert O'Sullivan』

アカデミー賞最有力候補、見て来ました。
作品的には裁判前の事実確認シーンと回顧シーンとの絶妙なバランスによって一人一人の感情の機微を描き、見応えあるものでした。
確かによく作りこまれたものだと思いましたが…人生の中で誰もがよくある葛藤ですわな〜。

まぁそれが時価評価額250億ドルの資産を持つfacebookの創業者だからこそ物語として成り立ったわけですが…
まだこれからを生きていくマーク・ザッカーバーグは、何でこの作品を作ることを了承したんだろう?
自分の正当性?同情を引く為?
アメリカ社会の根深いソーシャル体質と自己主張の激しさ、訴訟社会を当たり前としているところ、文化の違いに後味の悪さが残る作品でした。

う〜ん…ショーン・パーカーって、こんなんでも、この先社会に相手にされんのかなぁ?