氷面鏡ひもかがみ( かぐや弥生)

  • 綾乃(かぐや) 公式ブログ/氷面鏡ひもかがみ( かぐや弥生) 画像1
氷面鏡ひもかがみ
氷の表面に風景が映って、鏡のように見える様子を氷面鏡といいます。この言葉は中世の歌人の造語なのだそうです。万葉集に出てくる『紐鏡ひもかがみ』これは紐をつけるようになっていて、儀式などに使う鏡のことでした。『紐』も『氷』も解く、つまりとけるものですね。
どちらも『とく』を導く言葉として使われていたので、そこから生まれたといわれています。ますます、ロマンティックな言葉に生まれ変わりましたね。『とく』は帯を解くにも通じて、とっても意味深なのです。もちろん、氷がとけて春になる、心がとけて親しくなる、、、。氷面鏡に映った美しい情景に、さまざまな思いがきらめいています。

美人の日本語
山下景子さん

今日も雪がちらついてさむいですが春になる前にこの寒さから温もりを楽しんでいきたいです。 弥生