世界は広いけど

こんばんは。門脇恵太です。お久しぶりです。

気が付けば2月も終わりです。

もう公演の1ヶ月前になりました!

本番が近いという実感があまり無いんですがここから一気に来そうです。

良いものを見せる為に、自分にやれる事は必死でやります。

心配な事もあるんですけどね……もう焦ったって仕方ない時期ですから。

準備、努力、意識、覚悟。何か欠ければ良くない事態になります。

逆にそれが揃えば誰かが叱り役になる必要もないから集団は自由に飛び回れるし

相手の台詞を感じる事に専念する事が出来るから

どんな人が役者やっても良い舞台になるんじゃないかと思ってるんです。

でも、プロの世界では高い技術が必要で。

もしかしたら僕らにはまだ足りない部分があるのかも知れません。

それでもとにかく味方を信じて、何かあればフォローに走らないと。

「あいつはダメだ」「俺はちゃんと出来てるのに……」「あいつには任せられない」

相手を否定したって自分の中には何も生まれやしないんですよね。

苛立ちばかりで。周りも汚い言葉に引きずられ。上手くもならないし、相手と同じ世界に生きられないし。

やれる事はやる。後は相手を信じて活かす。

信じないと。