下克上

  • わき 公式ブログ/下克上 画像1
こんばんは。門脇恵太です。

BBHの話題。

現実ではライオンズ戦で三点差を守れず引き分けてしまいいよいよCS進出が厳しくなったイーグルス。(←後日気付きましたがこの引き分けで厳しいどころか進出不可能となってましたね。)

今シーズンは多くの若い選手が台頭して来ましたが、まだ大砲やリリーフが薄いのかも知れません。

最後まで頑張って欲しい。

悔しさをBBHでごまかしています。

今日は広島の大闘将さんと対戦した昇段したての名将三段門脇監督。

先発はDe高崎、C斎藤。

一回表、いきなり渡辺が二塁打。

Sサイン発動。回の先頭が二塁打を打つと今作はかなり有利ですね。チェンジになるまでずっとSサインが出せるので。

内村、鉄平と倒れてしまいましたが四番の筒香がタイムリーで幸先良く先制。

ところが中盤、守備Sサインに失敗し外角を痛打され、同点に追いつかれてしまいます。

その後終盤までお互いに貧打で無得点。Sサイン以外でのヒットが本当に少ないです。TSヒットアッパーを付けているのでノーサインでももう一、二本ヒットを打たせたいんですが……

七回裏は代打を出されて退いた高崎に代わって江尻が登板。

ところが、先頭の天谷にサイン負けでライト前に運ばれ、続く栗原にVSを仕掛けるも物凄い大きさのサークルに飲み込まれ失敗。外野を抜かれて無死二三塁。ここで相手打者は前田智徳。

Sサインの攻防となり無表情で即敬遠を選ぶ門脇監督。

その後失点覚悟で「タイミングを外して打ち取れ!」と「長打警戒! 低めを丁寧に!」だけで対応した所、運良く丸、堂林、倉を抑え無失点で切り抜ける事に成功。

最後は折れかけて「コースを狙わず力で押せ!」を選択しそうになりました。危なかったぁ〜。

八回表に先頭の渡辺がまたも二塁打。そして内村と金城(だったかな……)にタイムリーが飛び出し二点の勝ち越しに成功。

九回表には二死から渡辺が出塁したので駄目もとで内村にVSを使ってみたところ、見事ドンピシャ。あの小柄な内村選手がマツダスタジアムでHR。

最後は山口でVSを連発し勝利。5-1。

ゲームのシステム的に段位がずっと上の人に勝つのが前より難しくなくなったように感じます。

SPのG村田やC梵をゲット出来ましたが、DeNAのキラを自引きするのはやっぱり厳しそう。

レギュラーカードも金城、菊池、国吉、梶谷のみ。ショップに行かないと先は長そうです。