お手柔らかに…

こんばんは。門脇恵太です。

今日も一日が終わりました。

昼間に伝説のすた丼を食べてバイトに望むもまさかの胃もたれ。

僕には肉増しは無謀だったというのか。

ヘロヘロですよ。

そんな状態で帰りにBBHをプレーした所クライマックスシリーズにてヤクルト大監督と遭遇。

僕は永遠の名将初段。

勝てる筈の無い戦。

しかし思いの他三浦と黒羽根のバッテリーが相手の高キャリア高レベル軍団を抑えこみそこそこの試合を展開。

まあこちらも相手エースの石川に手も足も出ませんでしたけど。

結局五回辺りで三浦が集中打を浴び失点。三浦はもう動揺状態だっただろうし恐らく攻略もされていたか。

六回の攻撃は激励を敬遠でかわされる悲劇がありながら二死満塁打者ラミレスという場面を迎える。

ここで相手はVSを仕掛けこれにキャンセラー発動。

ストライク先行を積極的にいけで打ちに行くもあえなく三振。

ここで長打が出ていれば分からなかったがたらればを言っても仕方がない。悔しい敗戦。

あのレベルの対戦相手に新券キャリア2LV9程度で太刀打ち出来るだろうか。

頭使わないとな……