養成所の日々 本能で!

  • わき 公式ブログ/養成所の日々 本能で! 画像1
こんばんは。門脇恵太です。

今日は養成所の日。

一週間自分で練習したものを披露。

集中してワンシーンを演じたわけですが、何も考えず無我夢中で演じる事はやっぱり難しいです。

頭のどこかで、やっぱり考えなきゃいけない事があるし。

途中「このシーンが(舞台ではなく)映像だとしてやってみよう」と言われ若干テンパり気味に。

まだ、舞台の時と映像の時ではっきりと自分の意識の中で演じ分けが出来てない。うむむ。

でも練習した事はまあまあ発揮出来た感じ。

来週はコメディのシーン。頑張るぞ!



BBHの話題。

まさかのペナント優勝を果たした我がベイスターズ。

日本シリーズ進出を目指し、(ゲームのルール上)一試合勝負のクライマックスシリーズに挑む。

横浜対巨人in東京ドーム。

先発は急遽一軍合流で即クライマックス登板(苦笑)の小林。相手先発は巨人エース内海。

試合はTS先行逃げ切りを生かそうと初回の攻撃からサインを出しまくる門脇監督。

しかしサインでは結果は出ず、二死からノーサイン四球でなんやかんやで一点先取。なんじゃこりゃ。

そして相手大闘将監督率いる巨人の猛攻をサインとVSで逃げまくる名将(笑)初段門脇監督と投手小林。

見事六回無失点!!

しかし七回から当然のように暗雲が。

既に度重なるピンチで相手に傾いていたベンチムード。

七回を江尻が何とか凌いだものの八回に牛島が捕まる。

先頭の長野に安打を許したのをきっかけに、一死満塁で打者小笠原という場面になってしまう。

ここでヤケクソの外角高めを見事に流され逆転タイムリー。真夏の暑苦しい巨人ベンチ。

サンドバックベイスターズ。

日本シリーズへの夢は激しく燃えて散ったのであった。

しかし、先行逃げ切りって、どうやって使えば良いのだろう?

三回まで自チームのベンチムード上昇率アップだから、なんとしても点を取ろうと初回からサインを出すわけだけども、そうすると確実に終盤は苦しくなるので大量に点を取れないと今回のようにサインVSを使い果たしバッドエンドに。

今のメンバーはノーサインではヒットが良く出るとは言えないし放ってはおけないからこのタクティカルスキルは向いてないのかなあ。

とりあえずもう少し使ってみるか……