仕様上油断したら10割敗北

  • わき 公式ブログ/仕様上油断したら10割敗北 画像1
こんばんは。門脇恵太です。

ここ二日、雨が強かったですねえ。

水曜日なんか、ザーザー降りの中自転車に乗る事になってずぶ濡れになりましたよ。ははは。

良かったぁ〜風邪ひかなくて。

風邪で具合悪くなるのは懲り懲りですよ!!



BBHの話題。

守り勝つ野球・守勢野球・スモールベースボールという守備偏重とも言えるスキル編成で挑む門脇監督。

今日の対巨人戦。巨人先発は澤村、横浜先発は山本。

一回裏、先頭の藤田ライト前ヒット→森本バントの所で打球を処理した澤村が素早く二塁へ送球するも逸れてオールセーフ。記録はフィルダースチョイス。

ここからマシンガン打線爆発。止まらん。相手センターの松本がバウンドしたボールを後ろに逸らすミスで更に加点。

勝てというお告げか?

スコアボードには一回を終え「10」の文字が。

しかし相手のレベルが高いのか、こちらの先発の山本も今一つ。四球やヒットで毎回ピンチに。

何とか4回1失点もここでまさかのスタミナ切れ。

10点のリードを貰いながら勝ち投手権利の五回を投げられないとは。

ここからマシンガン継投。

二番手の佐藤は2イニングを好投するも、三番手篠原、四番手大原、五番手藤江は全員度々ピンチを呼ぶ。

一本出れば巨人のベンチムードが盛り上がって横浜バッティングセンター開業寸前。

サインとVSで逃げまくる。大量リードしている気がしない。打線も初回以外でもチャンスは作るがあと一本が出ず。

結局八回二死二三塁(だったかな?)から守護神山口投入のごり押し采配が見事的中

逃げ切り成功。山口は外角低めに豪速球が決まっていた。いつもこうならなあ。