はぁ、まぁ、えぇ。

こんばんは。門脇恵太です。

分からない……どうも、今日の自分の芝居は昨日とは違った物になってしまったようです。

自分では、変えているつもりなんてないんですけどね。

なんか、わだかまりが残りますね。

そうかと言って明日の千秋楽、何か気分を変えても千秋楽だからと好き勝手やった「千秋楽芝居」と呼ばれかねません。

前に同じ舞台を何度か見に行った時、千秋楽は一発芸やったり、会話の反応で寝っ転がって平泳ぎ始めたりしてたな……あれはまぁ、なんなんでしょうか。芝居観の違いって言うんですかね(笑)


分かりませんよ。どうしたら良いのか。

「良い味出してた」と言われた一方で「声ばかり大きくて怒ってるように聞こえる」と言われ

みんなでセリフを噛みまくりでこれはお客様の集中を切らしてばかりで最低の出来だと思いきや「今日も悪くなかったが声が出てなくてテンション低かったかな」と言わ

ある人には「学芸会みたい、酷い、こんな事をやってちゃ駄目だ」と稽古全てを否定され……

どれも、自分の頭に思い描いていたものとは違います。

何を信じて良いのか分からなくなりました。

信じてはいけない言葉もあるのかもしれません。

結局いつも通り自分が感じた通りにやるのが一番なのかも。

思いつきで押し切りたくありません。

多分自分は明日も何も変えないと思います。

これからどうあるべきなのか、考えなくてはならなくなりました。

 
  • コメント(全1件)
  • 宮下@インドア派 
    11/20 03:58

    色んな役者さん達のインタビュー等を読むと改めて相手に伝える作業の大変さを感じま


    積み重ねて少しずつ知らぬ間に変化をしているんではないでしょうか。

    力み過ぎず、でもフラット過ぎずで良いんです

    自分を信じていってくださ
    応援しています(>_<)



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)