おお!

こんばんは。門脇恵太です。

稽古から帰って来てちょっと横になっていたらいつの間にか眠ってました。

やれやれだぜ。

稽古は、11月の公演に向けて順調に進んでいる気がします。

気を抜かないように頑張りたいですね。


今日稽古をしていて思ったのは、上手く行かない時にどういったアドバイスの仕方が良いのか、という事でした。

上手く行ってない人に対してただみんなの前で「それは違うんだぞ」というような事を厳しい口調で言っても、相手によっては萎縮したり、反感を持ったりして、どうも良くない気がします。

かといって優しくやってなれ合っても何時まで経っても先に進めないし……どうしたものか。

チームワークは大事であって間違いをすぐ修正するのは良いのですが相手を惨めにさせて、怖がらせて、「楽しさのかけらもないかも知れない」と思わせる事が素晴らしいチームワークと言えるのか。

この前ゲームで、ロウ(規律)っていうのとカオス(混沌)っていう対立する二つの単語が出て来たんですよ。そのまんまの意味の単語。

それでその二つの単語の中間でニュートラル(中庸)って単語もあるんですよ!

調和! バランス! 素晴らしい!

という訳で人には誠意を持って臨機応変に接したいと思います。