無駄

こんにちは。門脇恵太です。

あっ、皆様いつまでも真っ裸なテッペー君をつっついてくれてありがとうございます。僕からは事情があってあまりつっつき返す事は出来ないのですが、それでもつっつかれまくっているので感謝しております。

更新してみますかいなぁ
と意気込んだもののなかなか書く事が思いつかないです。というわけで自分語りです。つまらないと思う人はスルーしちゃって下さい。

まあ、突然ですが……人間というのは難しいもんですね。

何故、こうも一人一人違うのか、不思議なものです。

僕は、あまり人の噂話はしたくないんです。

「あの人ってこういう人なんだよ。でもこういう所もあって良くないと思う。どうしたら良いと思う?」みたいな話ならちゃんと聞くし答えるのですが。

「あの人ってああいう人なんだよねーあははー面白すぎなんですけどー」みたいな話をされると……具合悪くなっちゃいますね。

いくら自分の知らない人の事でも、明らかな悪口を聞かされててしまうと……

そして、その悪口を楽しそうに話している人が僕がそういう話が好きではないと知っている人であった時のショック。

何故、あんな話をしたのだろう?

僕が嫌なのを忘れている? 酷いな。

余程その人の事が嫌い? 冷たいな。

嫌がらせ? 辛いな。

それともやっぱり周りと上手くやっていくにはそういう話も必要ということ? 難し過ぎる……

すぐにそんな話、止めるべきだった。

僕は役者である前に、冷た過ぎる人にはなりたくないと思っています。

だけど、冷た過ぎる人を嫌いになる冷たい人になってしまっています。

どうしたら良いのでしょうかね。

考えて、戦う日々であります。