これから大地震が起こる場所は?!

こんばんは。門田由貴子です。

いま、読み終わりました。
地震研究家・進村耕喜著『大地震が再び日本を襲う!』
http://amzn.to/oEZx1O

民間レベルでも地震予知研究が進んでいるのですね。
しかも、その的中率が80%!
3月11日の東日本大震災も予測されていたそうです。

なんと、地図では、これから大震災が起こる場所も示されています。

私が「なるほど!」と思ったのは、5章で紹介されている「45°ライン」と「三角理論」。
今まで大きな地震が起こると、近いうちに別の場所に飛び火して発生していた理由が、よくわかりました。

日本はもともと地震多発帯。
地震発生周期を見たら、これから数年のうちに、「いつ大地震が発生してもおかしくない」という状況。

すべての人が、家具固定や避難セットなど、しっかりと「備え」をしておく必要があると、改めて強く感じました。

この本、おすすめです。


地震研究家・進村耕喜著『大地震が再び日本を襲う!』
http://amzn.to/oEZx1O

本日発売だったそうです。