「はたらく」の元々の意味は…

多くの人が、毎日、働いていますね。

ところで、「はたらく」という言葉の元々の意味をご存知でしたか?

「はたらく」=「はた」+「らく」

「はた」とは、「他」や「傍」のこと。
つまり、自分ではない他人(お客さんや取引先の人)や、自分の周りにいる人たち(上司や同僚、後輩、職場、会社全体)を指しています。

「らく」とは、楽しませる、喜ばせる、助けるなどを指します。


つまり、「はたらく」ということは、「他人や周囲の人を助けて喜ばせてあげること」という意味ですね。

これができている人が、お給料をもらう資格があるわけです。


…ということは、自分のことだけ、自分が得することばかり考えているエゴイストは、はたらいていることになりません。


ですから、今日も、誰かを喜ばせてあげることを意識して、心を込めて働きましょう

それができている人には、きっと神様からもご褒美があるはずですよ。


さて、私も今日は予定がいっぱいあるので、お客さんのために心を込めて働きます。