犬と寝る

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

最近わたくし、犬と寝ているのでございます。唐突ですが。
以前は廊下をはさんだ向かいの部屋で、飼い犬二頭は寝ておりました。
ところがどういうクセがついたのか、午前2時頃になると決まって吠えるようになったのです。

ウォン!ウォォォォォオオン!オン!オン!
やめて!お願いだから!

ご近所迷惑になることを恐れたわたくしは、吠え出すと反射的に起きて、向かいの部屋に行き、夜中にもかかわらず犬と遊んであげていました。
遊んであげている間はムダぼえしないのですなぜか。
で、明るくなると散歩に連れて行く。すでに私が寝る時間は残されておりません。

少しでも休息を取りたいのに、なぜ睡眠を削ってまで、犬のごキゲンをとらなあかんねん!
もうカンベンしてぇ。
後ろ足で立つと、身長が私の肩先より越える犬の前足を二本持ち、あくびをしながらフォークダンスもどきのお相手をしていたそのとき。
時はまさに、午前4時半。
わたくしは、ふとひらめいたのです。
そうだ。私の部屋でいっしょに寝るようにしたらどうかしら?と。

で、次の晩、やってみました。
二頭を私の部屋に連れてきて、「いい?今日はここで寝るわよ」と言い聞かせると、神妙な顔をしています。
古い毛布をわたくしの寝床のそばに敷き、いつも遊んでいるおもちゃを置いてあげると、ふたりはまあるくなってそこにうずくまり、やがて寝入ってしまいました。
えー!?ウソ!ウソみたい……。
でもそのときでまだ夜の10時。ウォンウォン言い出す午前2時までは4時間もあります
(どうか起きませんように)
祈るような気持ちで眠りについた私。

……次に私が目覚めたときは、朝の5時でした。
犬はまだ寝ています。

え?もしや一回もほえてない!?
やったーーーーーーー!!
あー、これでもう、近所のことを気にしないで済む!
夜中に目をこすりながら、犬とフォークダンスしなくていい!なんて嬉しいの!

……というわけで、犬と寝るようになりました。
わたくしのふとんに入ってくるときがあるので、その場合は体が犬臭くなるのが難点ですが、哭き声で近所に迷惑をかけたり、夜通し犬のお相手をするよりは何万倍もマシです。
ホッとしましたわ。

というわけで今日の結論==>
恋人がなんだかんだうるさいときというのも、かまってほしいというか、ただそばにいてほしいってことなのかもしれません。
一度ちゃんと、相手になってあげましょう。