買わずに済ます

皆さん、こんにちは。塾長でございます。
あの大地震があったのが3月の11日でしたから、今日でちょうど、丸々2ヶ月が経ったことになりますわ。

あのあと買い占め騒ぎが起こったのは記憶に新しいと思いますが、
わたくしそのとき、こうなったらいつまで買い物に行かないでいられるか、買い置きしてある物をすべて食べ尽くすまで頑張ってみよう、と思いましたの。
ひとりでも買い物に行かなければ、その分、被災地に物資が回るし、と思いましてね

で、その結果。
一人住まいの冷蔵庫、冷凍庫の中身、カンヅメ、乾物その他すべて食べ尽くすまで頑張ってみたところ、優に1ヶ月は保ったのです。
お米を買ったばかりだった、というのもありましたが。
おかずも、探せば、もらったままで開けていなかったノリの佃煮やらが出てきたりで
けっこうしのげてしまったのですね。

それで思ったこと。
そのときの気分や欲求のままに、なんでも新しいもの、新しいものと求めるのではなく、自分の手持ちのものだけでやりくりすること。

その工夫を一応はしてみることは大事だなあと。
そんなふうに考えたのですね。

人間と欲、というのは切っても切り離せませんし、欲があるからこそ向上できる、頑張れるというのもありますが、欲だけを増大させてしまうと、
今、自分が何を持っているか?すぐに使える物はなんなのか?を忘れてしまいそうです。
悪くすると「宝の持ち腐れ」になってしまうこともありそうですね。

今、自分の望んでいる物が思うように手に入らなくて、イライラしているあなた。
ひとまず自分が何を持っているか、チェックしてみましょう。
案外、今持っているもので十分、かもしれませんよ。

というわけで本日の結論==>
法事用にシンプルな黒いパンプスを買わなくちゃと思いつつ、靴箱を整理していたら、ちょうどよさそうな靴が出てきてビックリ。
前に買ったまま、忘れていたようです。
こんなこともあります、ということで。