三世後継者・神真快のご紹介

続いては、神真快のご紹介をいたしたいと思います。

神真快(じんしんかい)は、私が読売文化センターなどの複数のカルチャーセンターから引退した直後、数奇な巡り合わせにより、私の下を訪れ、後に最後の直弟子として私を支えてくれております。

若年ながら、占術に対するその勉強意欲も驚くべきものがあり、どこかかつての私を彷彿とさせるものを感じております。鑑定能力も一門の中で群を抜くものがあり、師匠として誠に喜ばしい限りでございます。

現在は、二世後継者である神一真とともに、主事長として当会を支えてくれておりますが、今後の活躍が期待されるところです。

神一真ともに私と変わらぬご交際をよろしくお願いいたします。