「悪人」

東京に戻って、1時間をたたない頃には小説の「悪人」を読み終わった。

タイトルとはかなりギャップのある内容だった。

様々な人物目線で語られ、この人の目線をもっと見たいと思う時に別の視点へと連結される。だから、目が離せなくなる。

殺された人が悪人なのか
殺した人が悪人なのか
それを育てた人が悪人なのか
それを守った人が悪人なのか
まわりから見ている人が悪人なのか

読み手の感性でまた印象も変わると思う。
読み終わって改めて「悪人」というタイトルを見て切なかった。

まだ映画は観ていないのだけど、時間が空いたら映画館に足を運ぼうと思う。

この作品を妻夫木聡さんや深津絵里さんがどう描いていくのかすごく興味がある。

小説から映画化はよくあるのだけど、読み手のイメージもあるからそれを演じる時はオリジナル作品よりプレッシャーも大きいもの。

実家で
「世界の終り あるいは始まり」作家 歌野晶子さん
「ゼームス坂から幽霊坂」作家 吉村達也さん
の小説を進められて借りた。

そうそう下記の時間でコメントチャットとしてコメント返します☆
気づけば明後日か。
9月28日(火曜) 時間18時〜20時程度。

お時間ある人はブログに遊びに来て下さいね☆

 
  • コメント(全4件)
  • _yy_プゥ__ 
    9/26 23:02

    悪人
    買おうか悩んだけど買わずに帰ってきました。買っとけば良かったかな...
  • ☆ラブ☆ 
    9/26 23:19

    読むの早っ

    さすがです

    原作のイメージって壊されるとガッカリするもんですよね
    ニメでも声のイメージ違うと見る気しなくなるもん
    休はテレビでバイオハザードやってたので見てました(たっくんが)何が面白い
    アクションだそうで

  • はる 
    9/27 00:22

    その本を買うかどうか…本屋さんで悩みました
    結局 一時間ぐらい店内をうろつき…違う本を買っちゃいましたぁ

    本読むと その世界に入りこんでしまい…時間があっと言う間に過ぎてしまいますよねぇ〜

    何かお薦めの本ってありますかぁ

  • モモまま 
    9/27 03:26

    お疲れさまですm(__)m


    この前、徹子の部屋
    樹木希林さんが「悪人」について話されていたのを見て、観てみたいなと思っていまし


    今日は日記を読んで、本も読んでみたいなと思いまし

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)