絵画(後期・前半)

  • 岩田雄介 公式ブログ/絵画(後期・前半) 画像1
  • 岩田雄介 公式ブログ/絵画(後期・前半) 画像2
絵画(後期・前半)の頃の作品。

コメントにポロックの事を知ってた人がいてすごいと思った。
若くして亡くなられた方で彼が長い年月描き続けたらどんな作品になってったんだろうと興味深い。

僕の絵画はこの頃になると、美術展を意識しだした時期。
少しずつ自分の中の壁に対する意識が固まってきた頃。

あくまで精神的な壁は自分にとって華やかなものではない。
そこが古めかしく、懐かしく、どこかさびっぽさを意識していく。

精神的な壁から逃げず、まずは見つめること。
観察すること。
自分にとって辛いことかもしれないけど、その壁をこえるヒントが刻まれているかもしれない。
良く見るとそれは決して、醜いものではなく、どこか暖かみがあったり。

自分の壁から目を逸らさない。

こんなコンセプトだった。

僕のスタイルはいろいろな物から影響を受けること。

油絵・水彩画だけが絵画ではない。

オリジナルな色相を出していくことだった。

これは後に芝居でいい影響を受けた。

まだアクションペインティングの名残りがあるんだけどねw

上の絵は、主に油彩・銅板・ステンレス等が使われている。
他にも様々な着色を組み込んでいるんだけど。
大きさは幅1、5mぐらい。
壁の中に、懐かしさや思いでを取り込んだイメージ。
タイムカプセルの中みたいな。
銅のさびって、汚いイメージがあるんだけど、良く見たら綺麗だったりする。それを人の壁に捉えた。

下の作品は、大きく重い壁から抜け出していく作品。
同じく1、5mぐらい。
あくまで精神的な壁だから、どれだけ厚くても高くても発想次第で自由に抜けられる

共に美術展出品用の作品。

壁を越えてもその先には更に大きな壁が立ちはだかってるかもしれない。でも僕はどんな壁があろうとまずは見据えてみようと思うんだ。

人生はそれを超え続けていくこと。

いつか壁の先には光の世界がある!!って思いたい☆

 
  • コメント(全4件)
  • 吉水♪健一 
    8/5 21:12

    凄くかっこいいです

    絵だけでなくとも壁にぶつかったらヒントを探して乗り越えなきゃいけないのですね

  • たつ 
    8/6 09:26

    あーこの絵もいい、いいですね

    テーマソングは『I still haven’t what I’m looking for』 by U2
  • 瑠璃(多忙でイベ参加せず放置状態です) 
    8/9 08:56

    あら?見逃してた


    でも あたしこれが一番好きかも

  • らんらん 
    8/10 09:56

    迫力ある絵ですね。
    私も、今まで見てきた中で、一番好きです。
    特に1枚目。

    ちょっとグロイ感じがなんともいえず、好きです。

    岩田さんに会いたがっている人がいます
    会社のホームページを教えました

    そのうち、アポが来るかと思います。

    宜しくお願い致します。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)