其の弐

  • イワイガワ 公式ブログ/其の弐 画像1



ま…思ったより反響なかったけど、つづきね…






とにかく私はヨダレでもたらしながら気持ちよく寝ていたのだよ



けたたましいその音、叫ぶその声を聞くまではね…






後から分かった事だがこのときの時間は正午過ぎ


私はようやく手に入れた愛しき熟睡を、玄関のドアを激しく叩く音


そして冗談でしか聞いた事がないセリフで失う事になる



ドンドンドンッ!!ドンッドンッドンッ!!


(…ん…なんや…?)



『…○△!』

『…◇●×…!』



(なんや…うるさい…な…)



ドンドンドンッ!!


(なんやねん!?)



この時の私の感覚としは早朝6時7時ぐらいで


持ち前の寝起きの悪さも手伝ってご機嫌は超不機嫌のプンプンボーイ



飲み過ぎておかしなテンションに陥った酔っ払いが


早朝にイタズラで私の部屋のドアを叩き、奇声を上げ


理不尽に私の安眠を奪った…何故だかそう思い込んだ



(…このボケ…)


ドンドンドン!!


(…)



私はおもむろに布団から出ておそらく鬼の形相で


拳を握り締め、のっそりと敵の待つ玄関に向かった


ドンドンドンッ!!


(…チッ!)


プンプンボーイの苛立ちは頂点に達し


ムクみまくった武蔵みたいな顔で鍵を外しドアノブに手をかけた


頭の中ではレニーハートが独特の抑揚で私の名を呼んでいる


(イガァーワァーーシュゥゥーージィィイー!!!)



その時だ






『火事だーっ!!』






(…はぁ?)


『逃げろーっ!!』


(ウソつけボケーッ!!)


(こいつ…この期に及んでまだ戯れ言を…)



そう思い込んでる私は試合開始のゴングを鳴らすべく勢いよくドアを開けた!







『あ…』



まだ拳を握り締めムクんだ顔をしかめたままの私の目の前に


今まで見た事ない量の白煙が立ち込めていた



『ホンマや…』




そうつぶやいたプンプン武蔵ボーイの耳に


何かが焼け弾けるパチパチという音が…




アカン…はよ逃げな











つづ…けようか?




ウヒヒヒ

 
  • コメント(全5件)
  • つるこ(` ・3・) 
    6/7 20:40






       か、火事??


       プンプンボー
       続けて続けて!!!!!






  • うさぎのうさお 
    6/7 21:08

    お疲レイアウ


    わぁ〜い、更新だ


    思わず、イイネ!を押しちまいましたが。
    こっ、これは…井川さんの・・・


    「反響なかった」なんて、言わないで下さい(´;ω;`)
    わたしは、本当に本当に続きをめちゃくちゃ楽しみにしていて。
    なかなか更新が無いのに、めちゃめちゃガックリしてましたよ(*;ω;)

    明日も、必ず更新して下さいね(o・ω・o)ノ

  • ねい(′・3・) 
    6/7 21:18

    あ、火事の…
    良いことでゎないですけど
    またまた続きが気になる〜!!
    続きの更新待ってま

  • なぎ紗☆愛ラブSMAP 
    6/7 22:22

    火事とはえらい事ですね

    続きを聞きたいけど
    玄関に警報機を付けないと


    よくトースト
    焦がして炭のようになると火事
    前までいきま

    それじゃないのかな

    とか思った



  • ゆぅあ?パズドラなう 
    6/7 22:31



    続きが気になるみん
    反響だ


    今すぐブログを炎上させるんだぁぁぁ




    …火事だけに



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)