いよいよ!

  • 伊藤俊彦 公式ブログ/いよいよ! 画像1
「Count Down My Life」

稽古場での稽古を終了して

いよいよ今日から劇場入りです。

全23ステージを3チームで分けてやるわけですが

3チームあるので稽古場での通し稽古にも限りがあります。

一回一回課題と改善されたポイントをしみこませて挑むわけで

集中力をもって挑まないとあっという間に過ぎていってしまいます。

Aチームは比較的メンバーが揃う時間が重なったので3回は通すことができました。

それでも3回!

でもホントにハードな作品なのでやりすぎると喉の負担が怖いのです。

楽に歌う・・・。

でも温存して楽に歌うといまひとつエネルギーや熱が伝わらない。

いかに喉に負担をかけずに熱を失わずに伝えるか。

今の僕の課題です。

歌をうまく歌えたり

きれいに歌えたり

うまいなあというミュージカルの人はたくさん観てます。

でも伝わる人ってなかなかいない。

それは表現なのか、想いなのか、芝居なのか?

「音楽には音符というものがありそこに感情や想いが込められているのだから、必要以上に気持ちや感情を入れて歌わないほうが伝わる。」

とよく言われます。

セリフもそうなのかもしれません。

「うまい」ということと「伝わる」ということの違い。

バランスなのかもしれません。

でも歌もセリフも

舞台においては観てくださる人とのコミュニケーションの手段。

伝えようと思わなければ伝わらない

でも必要以上に伝えようとがむしゃらになるとワンウェイ・コミュニケーションになってしまう。

そんなデリケートな空気感を共有できるのが「舞台」という生の芝居の魅力だと僕は思っています。

そして一人では絶対に作り上げることができない。

支えてくださるスタッフさんはもちろん、バンドメンバー、そしてみてくださるお客様、多くの人たちの力が一つになって舞台という空間に息吹が宿る。

そして共演者。

写真はわれらがAチームの5人

僕のとなり、かなさまこと須藤香奈とは前回に引き続き男と青年としてタッグを組みます。

前回もそうですが他のチームは青年役は男性が演じています。

うちのAチームだけ青年役を女性が演じています。

かなの子供のような無邪気さと大人びた美しい歌声、そして吸い込まれるような大きな瞳は僕をこの世界にいともたやすく引き込んでくれます。

かながいてくれる安心感は僕の大きな支えです!

一番左の陽ちゃんこと井上陽子とも前回に引き続き同じチームで演じます。

Aチームは本当に家族のように一つになれるのですが、そこには彼女の存在が大きく影響しています。

時には仕切りみんなから「リーダー」と呼ばれ

細かいところに気を遣い、皆を盛り上げ、でも誰よりも真剣に、悩み、必死に見えない努力を重ねている。

彼女がいるからAチームはうまくいく!と絶大な信頼感をもって今回も楽しく共演させてもらってます。

真ん中のなっちゃんこと王子菜摘子は今回初参戦。

前回の公演を観て

「次はぜひ出演させてほしい!」

と切望しただけあって、初参加ながらどんどん吸収してあっという間に

僕らとの溝なんて埋めてしまった。

劇団フォーリーズにいるのでさすが劇団育ちは気が回り、プライベートも明るく元気で、陽ちゃんとのコーラスコンビもすっかりいい感じ。

そして左から二番目が女役のたえ先生こと浦壁多恵

たえ先生とは2003年のレミゼで出会って以来の共演!

ちっちゃい身体からは想像もつかないとても説得力のある歌声を放つ。

俺も歳をとったけど、たえちゃんも大人になって、でもかわいらしさを失わない、ますます素敵な女優になっている。

最後の通しを終えて初めてAチームで決起会をしました。

いろんな話をしてあっという間に終電近くまで盛り上がってしまった!

そしてもう一人、Aチーム後半戦のむっちいこと杵鞭麻衣も

ミュージカル座の本番を終えていよいよ本格参入。

まずは前半Bチームでの出演なので

むっちいとのコラボはこれから。

むっちいも2003年のレミゼで出会って以来の共演!

デミ・ムーアのような美しくもかっこいい彼女もミュージカルの枠にこだわらずに役者としての活動の場を広げる、僕と何か似たものを感じる女優だ。

ぜひ二人の女役で前半・後半と見ていただきたいです!

さあ、いよいよ劇場入り。

セットが出来上がり、明かりが灯り、バンドが鳴り響き、世界が一つになっていく!

美しく、コミカルで、多彩な楽曲と5人編成の生バンド

そして楽しくも心を打つストーリー

本当に、本当にぜひたくさんの方に観ていただきたい作品なんです!

チケットはまだまだあるようなのでお時間あればぜひ劇場で

「Count Down My Life」の世界を共有しにいらしてください!

お待ちしております!

ではでは劇場へといってまいります!

きっとスタッフさんたちは必死に素敵な舞台をつくりあげていることでしょう!

楽しみ〜!


TipTap presents『Count Down My Life』  

【あらすじ】
脚本家を志す主人公は、29歳の誕生日にあと一年でデビューできなければ夢を諦めると決意して新たに脚本を書き始める。
そこに突然現れた自分の脚本のファン。
二人の不思議な出会いと同時に進み出す新しい脚本の世界。
夢を追いかける為に別れた彼女への届かなかった手紙。
残された一年に何ができる?

【作・演出】 上田一豪
【音楽】 小澤時史
【出演者】

《A》
伊藤俊彦
須藤香菜
★浦壁多恵/☆杵鞭麻衣
王子菜摘子
井上陽子

《B》
阿部よしつぐ
西川大貴
杵鞭麻衣
田中志乃
黒澤尚子

《C》
菊地創
味方良介
穴田有里
鈴木彩子
土方絵美子

【場所】
ザムザ阿佐ヶ谷

【公演期間】
2/16(木)〜2/26(日)
※2/22は休演日とさせて頂きます。

【タイムテーブル】

16日19:30→B
17日14:30→B
  19:30→A★
18日13:30→B
  16:30→C
  19:30→B
19日12:30→B
  15:30→A★
  18:30→B
20日14:30→B
  19:30→A★
21日14:30→B
  19:30→A★
22日休演日
23日14:30→C
  19:30→C
24日14:30→C
  19:30→A☆
25日13:30→C
  16:30→A☆
  19:30→C
26日12:30→A☆
  15:30→C
  18:30→A☆
 
【チケット】

自由席 4000円
ABC通し券 9000円
(Aチーム、Bチーム、Cチーム一度ずつご覧になれます。詳しくはお問い合せください)

お名前・希望日時を明記の上僕の個人アドレス

rayofthebluemoon@yahoo.co.jp

までお申し込みくださいませ。

僕のAチーム以外のチケットももちろん承ります。

僕が責任を持ってチケットの手配をいたします。

どうぞよろしくお願い致します!