生きてます!

  • 伊藤俊彦 公式ブログ/生きてます! 画像1
いや・・・若干死んでました。

先週、先々週となかなかハードな日々を送っておりました。

「COUNT DOWN MY LIFE」

の稽古が24日から始まり連日13時〜22時の本番前の集中稽古のような
濃厚な稽古。

4日間でほぼ全曲の演出と振り付け、歌の入れ込み、変更等が入れ込まれた。

僕は再演になりますがやはり大変な作品であることを実感。

昨年10月の初演からほぼ毎日のように本番の上演録音を聞き

反省しつつ

反芻しつつ

張り切って稽古に望みましたが初日から落ち込みました。

前回はほぼ2週間のみの稽古で必死に歌を覚えがむしゃらに突っ走りました。

「とにかく覚えてある程度は自由にやってください」

とは言われてたものの・・・

適当すぎる・・・。

作曲の小澤君の歌稽古で、あまりにも自分が適当に歌っていたことに今更ながら気付かされました。

新メンバーもいるので改めて音取りを一緒にしていると

「それでもいいですが一応正解は・・・。」

と正しい解答が小澤氏から放たれる。

もちろん

「自由に、ご自分のニュアンスで構いません」

と言われていたところもたくさんありますが

譜面どおりに歌うことで表現されるニュアンスのほうがはるかにいいことを実感。

小澤君の作る音楽が大好きなので

なんとか作・演出の上田君と音楽の小澤君の世界観を体現したい!

と前回望んだつもりでしたが・・・。

足りませんでした。

リスペクトが!

今回はより小澤リスペクトで楽曲に挑みたいと思います!

そんなこんなで譜面と戦う毎日と自分の限界突破を目指し励んでいたら・・・

限界を突破してしまいました!

睡眠不足でアホみたいに歌いまくったせいもあり

声が出なくなってしまった!

おまけに若干風邪っぽい。

そこに映画の撮影が重なり屋内とはいえ山梨での震えながらの撮影でピーク。

写真はメイク後の写真。

役どころは・・・撮影話はまた今度!


体調はようやく復活の兆しが見えてきました。

稽古場では演出の上田君に

「トシさん、ホント抑えてくださいね。」

と言われていたのに

「歌わないと声起きないから」

とついつい気持ちがエスカレートして・・・。

最近は反省を生かし

「いきなり無理はしない」

というシロウトみたいな教訓を掲げました。

「トシさん、無理しないでくださいね」

と言われても

「大丈夫。無理せずゆっくり起こすから」

と答える。

そんな僕は今稽古場で「眠れる獅子」と呼ばれている。

「ライオンさんが身体を起こしてる!」

とか

「眠れる獅子が起き始めた!」

とか気分は動物園の人気者!

昨日は初通しでした。

自分では楽にスタートしたつもりが途中から失速。

終わって開口一番上田君が

「頭からライオンさん飛ばしましてましたね〜。」

「ホント?」

「で、途中からライオンさんが眠り始めましたね」

「はい。檻に戻っちゃいました・・・。」

とはいえいろんな発見と課題が見え音楽的にもさらなる変更が加わることになり、次の稽古が楽しみです。

インフルもはやってるし

マスク嫌いのあたくしも今は外に出るときも寝るときもマスクマン。

本番まであと2週間を切りました。

何度やっても感情を揺さぶられるこの作品

さらなる課題を持って稽古に望みたいです。


久しぶりで長々とですが更なる告知もお付き合いください。

まずは昨年末に放映されました

僕が総合ナレーションを担当したクイズ特番

「グリフマスター」の再放送があります。

2/5(日)26:15〜1h CX(フジテレビ)にて

ルール説明・実況・カウントダウン等、番組内で流れるすべてのナレーションを担当してます。

ぜひ観てください。

あ、録画でも。


さらに三ツ星キッチンが本公演・拡大版のMKDFにつぎ新たに放つプロジェクトが始動します。

MKDFがプロデュースする三ツ星キッチンpresentsが4月に幕を開けます。

小劇場にて実験的な演劇に挑戦する企画の第1弾は・・・

関西から上陸したミュージシャン「upright(アップライト)」とのコラボレーション作品『憧れの街』

三ツ星のレギュラーメンバー+アコースティックバンド+小劇場を贅沢な空間を作り出します。


三ツ星キッチンpresents 『憧れの街』

【あらすじ】
ある男が憧れた街にやってきた。
1年経った時、彼は一つの決断をする。
三ツ星キッチンpresentsが贈る、切ないけど温かいストーリー
生演奏のストーリーをお楽しみください。

※upright・・・本名 栗崎直(くりさき なおき)
Soul,New soul musicを受け継ぐ純血ソウルシンガー。
ゴスペル畑で10代を過ごし、ダニー・ハサウェイに影響を受けupright & The Essential Soulsを結成し関西を中心に活動する。
2010年より拠点を東京に移す。
あくまで生音にこだわったサウンドに親しみやすいメロディを融合させ、独自の世界観を展開している。
…好物は讃岐うどんである。

【キャスト】

upright

市村 啓二
八重樫 円
鈴木 裕香

伊藤 俊彦

【バンドメンバー】

ギター 福澤 和也
パーカッション 青木 泰道
アルトサックス 吉光 緑

【作・演出】 上條 恒
【音楽】 KAZZ upright
【構成】 伊藤 俊彦
【制作】 MKDF

【日程】2012年4月19日(木)〜4月22日(日)

【会場】 THE GUIDE
東京都新宿区弁天町177 エクセル早稲田 B1F tel.03 3202 3384
東西線早稲田駅1番出口から徒歩7分

【タイムスケジュール】


4/19(木)☆15:00/19:00
4/20(金)☆15:00/19:00
4/21(土)12:00/15:30/19:00
4/22(日)12:00/16:00
全9回公演
*開場は開演の30分前です。

【チケット】全席自由

前売4000円/当日4500円
☆の回 前売り3800円/当日4300円
各回、お得な二枚組ペアチケット 7000円もございます。

チケットご希望の方は
お客様のお名前・ご希望日時・ご希望枚数・チケット郵送先住所を

ticket_mitsuboshi@yahoo.co.jp

まで「伊藤扱いで」と明記の上お願いいたします。

また僕の個人アドレス

rayofthebluemoon@yahoo.co.jp

でも承ります。

「COUNT DOWN MY LIFE」もまだまだ宜しくお願いいたします!


TipTap 2月公演『Count Down My Life』  

【あらすじ】
脚本家を志す主人公は、29歳の誕生日にあと一年でデビューできなければ夢を諦めると決意して新たに脚本を書き始める。
そこに突然現れた自分の脚本のファン。
二人の不思議な出会いと同時に進み出す新しい脚本の世界。
夢を追いかける為に別れた彼女への届かなかった手紙。
残された一年に何ができる?

【作・演出】 上田一豪
【音楽】 小澤時史
【出演者】

《A》
伊藤俊彦
須藤香菜
★浦壁多恵/☆杵鞭麻衣
王子菜摘子
井上陽子

《B》
阿部よしつぐ
西川大貴
杵鞭麻衣
田中志乃
黒澤尚子

《C》
菊地創
味方良介
穴田有里
鈴木彩子
土方絵美子

【場所】
ザムザ阿佐ヶ谷

【公演期間】
2/16(木)〜2/26(日)
※2/22は休演日とさせて頂きます。

【タイムテーブル】

16日19:30→B
17日14:30→B
  19:30→A★
18日13:30→B
  16:30→C
  19:30→B
19日12:30→B
  15:30→A★
  18:30→B
20日14:30→B
  19:30→A★
21日14:30→B
  19:30→A★
22日休演日
23日14:30→C
  19:30→C
24日14:30→C
  19:30→A☆
25日13:30→C
  16:30→A☆
  19:30→C
26日12:30→A☆
  15:30→C
  18:30→A☆
 
【チケット】

自由席 4000円
ABC通し券 9000円
(Aチーム、Bチーム、Cチーム一度ずつご覧になれます。詳しくはお問い合せください)

お名前・希望日時を明記の上僕の個人アドレス

rayofthebluemoon@yahoo.co.jp

までお申し込みくださいませ。

僕のAチーム以外のチケットももちろん承ります。

僕が責任を持ってチケットの手配をいたします。

どうぞよろしくお願い致します!