舞台の感想…☆

昨日の「夏唄日記」






演出の井田國彦さんとは

以前の番組で大変お世話になってた方で






井田さん脚本の舞台とあって

楽しみでした






主演はIZAMさんと石川梨華さん、城戸裕次さん











はじまりは裕次さん演じる敬介が出所するシーンから始まります。




敬介の罪は…実の両親のバラバラ殺人。




敬介の祖母、光子の日記を見つけ読んでいく内に

昭和20年の戦時中にタイムスリップしてしまう。





そこで石川梨華さん演じる若き日の光子に出会う。




そして音楽の先生IZAMさん演じる夏彦先生に恋するのですが、

その胸の内をつずったノートを通して




敬介が

戦時中の人々の生き方、世の中を見ることになるのです。





現代に戻った敬介は

加害者として今後どのように生きていくべきかを学ぶという

物語。






戦争と現代の殺人事件という2つのシリアスな内容をリンクさせた

舞台で、2時間半という超大作でしたが





観いっちゃいました






東京公演は昨日で千秋楽でしたが

広島での公演も予定されているので

興味のある方は足を運んでみては









「マーブリーメンバーブログリンク」


伊藤寿賀子
細川真奈
大井智保子
冨張愛
安岡あゆみ
赤池永梨奈
筧沙奈恵
越馬千春
大槻典子