12月6日のボクシング見逃すな!

12月6日金曜日夜9時からフジテレビで放送する、ボクシングダイヤモンドグローブスペシャルのナレーションを、今回も担当させていただく。今回のビッグマッチ3試合は・・・
○井上尚弥選手:高校時代アマチュア7冠(国体優勝や全日本優勝を含む)という前代未聞の偉業を達成し、プロ戦績は4戦4勝3KO。前回の試合では、日本チャンピオンで、WBA世界ライトフライ級3位の田口選手を判定で下し、プロ4戦目で、日本タイトル獲得と世界ランキング入りというスピード出世を果たした。今回の試合は、東洋太平洋ライトフライ級1位の井上選手と、同級2位のフィリピンのヘルソン・マンシオ選手の王座決定戦。井上にとっては世界タイトル前哨戦となる。そして・・・
○村田諒太選手:言わずと知れた、ロンドンオリンピック、ボクシングミドル級金メダリスト。8月のプロデビュー戦で、いきなり東洋太平洋チャンピオンを相手に鮮烈な2ラウンドKO勝ちを収め、世界中にオリンピック金メダリストの実力を知らしめた村田選手。今や”MURATA”は世界中のミドル級ファイターからその首を狙われる存在となった。
今回の相手は、アメリカのデイブ・ピーターソン選手。14戦13勝8KOという強敵だ。ピーターソンにとっても、村田に勝てば、自分の名前がボクシング界に広まるビッグチャンスなので、必死に挑んでくるだろう。迎え撃つ村田選手は、「自分の仕事はKOで勝つ事」と、大きな自信に満ち溢れている!日本ではなかなか観られない、ミドル級のハイレベルな試合になる事は必至だ!見逃すな!!そしてメインイベント、我らが世界チャンピオンは・・・
○WBC世界フライ級チャンピオン八重樫東(あきら)選手
元WBA世界ミニマム級チャンピオンと現WBC世界フライ級チャンピオンの2階級王者。今回はフライ級の2度目の防衛戦。彼のファイティングスピリットに溢れる戦いぶりは、年間最高試合賞に選ばれるなど、多くのファンを魅了している。
今回の相手は、同級1位のエドガル・ソーサ選手。元WBC世界ライトフライ級チャンピオンで、2007年から2009年まで10度防衛を果たしている強豪中の強豪だ。この試合もKO必死の壮絶な試合になるだろう。

僕も6年間ボクシングをやってきた人間なので、ボクシングを愛している。だからこそ僕は、選手たちの人生の代弁者として、真摯にナレーションを語っていく。スポーツのナレーションを伝える事に関しては、僕が日本で一番だという自負がある。何故ならば、現役のアスリートを15年間続けていて、尚且つ今現在自己ベストを出し続けているプロフェッショナルのナレーターは僕しかいないからだ。僕は、プロスポーツ選手と運動能力においては天と地ほどの差があるが、スポーツへ挑むメンタルに関しては差がないほど真剣に挑んでいると思う。だからこそ、いろんな場所でスポーツ選手の人生の代弁者を任されていると思う。
そんな僕の強い思いも込めている、ボクシングダイヤモンドグローブスペシャルを、絶対に観て下さい!!ボクシングに人生を賭けた男達のドラマを!!