ボクシングファンです

僕は東京キッドブラザースを退団後、25歳から31歳迄ボクシングジムに通っていた。キッドを辞め、心にぽっかりと空いてしまった穴を埋める為だった。結構真剣に練習し、プロテストも二度受けた。昔程ではないけど、今でも腹筋は割れている。
その位真剣にやっていたから、格闘技の中で一番好きなのはボクシングだ。何が魅力かというと、ボクシングは一人しかチャンピオンになれないし、何度も防衛している偉大なチャンピオンでも、負けたら只の人になってしまう事。その恐ろしさと潔さ。全ての試合がお互いの人生を賭けた真剣勝負であるということ。それがボクシングの美学。先日世界バンタム級チャンピオン山中選手とツニャカオ選手の試合が行われ、山中選手が見事KOで防衛した。ツニャカオ選手は元世界チャンピオン。そしてなんと、この試合が12年ぶりの世界タイトルマッチだった。12年待ってようやく掴んだ世界タイトルマッチのキップ。しかし結果はKO負け。悔しかっただろうけど、やるだけの事はやった清々しさも感じていたのではと思う。まさに人生を賭けた闘い!
さて、ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダリスト村田諒太選手が、プロ転向を表明した。村田選手のプロテストの模様も、来週火曜日フジテレビで放送が決まった。井上選手の試合の前に放送されると思うので是非観て欲しい。
日本人チャンピオンは現在過去最多の10人!井上選手と村田選手の今後の活躍にも期待する。これから益々ボクシングから目が離せない!