1960年代後半〜70年代

今、BSTBSの「SONG TO SOUL」を観た。
今日は、イーグルスのホテルカリフォルニアだった。
僕は高校生の時この曲に衝撃を受け、当時の若者がそうであったように、
何度も繰り返し聴き、その曲の奥深さに心が震えていた。高校の英語の授業で先生が、教科書から離れ、ホテルカリフォルニアの歌詞を和訳する授業をやったのを覚えている。それくらい世の中に、世界的に、衝撃を与えた曲だった。

SONG TO SOULを収録するたびに不思議に思うのは、
「1960年代後半〜70年代のエネルギーって、いったいなんだったのだろう」という事。
イーグルス、ドゥービー・ブラザース、ローリング・ストーンズ、サイモン&ガーファンクル、ビートルズ、ビーチ・ボーイズ、ザ・バンド・・・今でもロックの名曲として残る曲の多くはこの時代に誕生している。しかも、そのアーティスト達は当時ほぼ全員20代!!
ベトナム戦争があり、ヒッピームーブメントがあり、ウッドストックがあり、華やかなりしカリフォルニアの衰退が始まり・・・
激しい時代であったが、それが、数多くの飛び抜けた才能の持ち主を生み出した理由なのか僕には分からない。ヘビー級ボクサーのモハッメド・アリが、いくつもの名勝負を生み出したのもこの時代だ。
確かにこの時代には、ずば抜けた才能の持ち主が数多く生まれた。

今、中東の国々が国民による革命で変わり、アメリカも、各地で行われているデモにより、もはや夢の国ではない事が炙り出された。

しかし、ここから何かが始まるのではと思っているのは僕だけではないのでは?
新しい何か。破壊と創造。もしかしたら、2010年代は、新しい何か、ハイレベルな何か、人々の心に残る何かが生まれる時代になるのではないか。
でも、そうなるか否かは、一人一人の夢へ向かう情熱と意思だと思う。

夢へ向かう情熱と意思。夢へ向かう、火のような情熱と意思!!

若者よ、自分の夢に恐れず突き進んで欲しい。あの1960年代後半から70年代の若者たちのように。

1960年代後半70年代。そして、
2010年代から未来へ・・・

 
  • コメント(全1件)
  • なおりん♪†† 
    10/17 22:37


    確かに
    1960年ごろから世界は『人類の自由』のエネルギーが最高点に達してきたのではないかなと思います


    だから特にビートルズの曲は、その頃若者だった人達に浸透して…現在も一番と言って良いほどの人気があるのかな、と思います。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)