22日は決戦の日

  • 磯部弘 公式ブログ/22日は決戦の日 画像1
  • 磯部弘 公式ブログ/22日は決戦の日 画像2
22日は決戦の日。一つ目は選挙。今回の選挙は、近年の選挙の中で、とても大きな意味のある選挙だと感じている。何処に、誰に投票したら良いかわからないと感じている方は、自分はそれぞれの政策に賛成か反対かで選べば良いと思う。?憲法9条改正?原発?安保法案?共謀罪?特定秘密保護法?国の借金…まだまだいろいろ争点はあるけれど、とにかく棄権だけはやめよう。
自分の意思で一票を投じよう。国のありようは、良くも悪くも結局は国民に降りかかってくるのだから。

二つ目は、
ボクシング、村田諒太選手のWBA世界ミドル級タイトルマッチの再戦だ。今度こそはチャンピオンベルトを獲得して欲しい。オリンピック金メダリストで世界チャンピオンは、まだ日本人で成し遂げた人はいない。その姿を見せて欲しい!フジテレビで夜7時から生中継。応援しましょう!

三つ目は、これは決戦ではないけれど、
SONG TO SOUL、新作です。
ヒューイルイス&ザ・ニュースの「パワー・オブ・ラブ」。映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」のテーマ曲だ。
勿論、ヒューイ・ルイスをはじめ、メンバーのインタビューが撮れてます。エネルギー漲る名曲「パワー・オブ・ラブ」愛の力がどうやって誕生したか是非ご覧下さい!
それにしても、この歌詞はとても良い歌詞でした。

失われた藍の色

昨日の火曜日に、「失われた藍の色」を観た。この作品は、1978年に東京キッドブラザースのオリジナルミュージカルで初演され、当時ぴあ展の演劇部門年間第1位を獲得した作品。僕も1983年頃の再演の時に出演している。この作品を、キッドブラザースの後輩、長戸君が加筆・演出をし、現在舞台で活躍している若手俳優陣をキャスティングして上演した。
どんな作品になっているのだろうと、期待とほんの少しの不安を持ち拝見した。
最初の歌、「幻の街」を聴いてこれはいいぞと思った!そして物語が進むにつれ、
とても感動した。何度も泣かされた。観て良かったと思った。

「ご自分が出演していた作品を観てどうですか?」という質問を数名に受けたが、そういう思いは微塵も浮かばず、
出演している若者達が、しっかりと魂を観客にぶつけ、自分達の「失われた藍の色」をしっかりと作り上げていた事に本当に感動した。演出の長戸君もとても頑張っただろうなと感じた。沢山の物を役者から引き出しただろうと。
東さんの脚本も、40年近く過ぎた今でもちっとも色褪せてなく、人としての普遍的な物を感じた。
そしてキッドOBとしては、「君達が演じてくれてありがとう」という思いでいっぱいです。
本気は素晴らしい。本気で舞台の上で生きている俳優はとても美しい。まるで170キロストレートの 直球を目の当たりにしたような圧倒的な迫力と感動がある。
是非ご覧下さい。10月22日(日)まで。
若者こそ観るべき作品!
渋谷CBGK渋劇にて。

http://sandt44th.com/

『悠久の自然 アラスカ』無事終了しました

  • 磯部弘 公式ブログ/『悠久の自然 アラスカ』無事終了しました 画像1
  • 磯部弘 公式ブログ/『悠久の自然 アラスカ』無事終了しました 画像2
  • 磯部弘 公式ブログ/『悠久の自然 アラスカ』無事終了しました 画像3
市川公演を観にいらして下さったお客様ありがとうございました。観られなかったけど応援してくれていた皆さまもありがとうございます。お陰様で大勢のお客様にご来場頂き、好評のうちに幕を降ろすことが出来ました。そして昨日は札幌公演!あるイベントの特別公演なので、ホテルの広い会場で上演する40分バージョンでした。こちらはなんと、40分を映像化した物をブルーレイにして、本番はそれを流して、僕が写真の出るタイミングや文字の出るタイミングなど、全てを合わせて上演するという、かなり難しい事をやりました。つまり、最初にスイッチを入れたら、後は最後まで映像が流れ続ける。しかも全くスクリーンを見ないで、音楽と感覚だけで合わせる、という事。

極め付けは、無音の部分が3〜4ヶ所ある事。分かりやすく説明すると、音楽1が終わり、31秒後に音楽2が入る。その31秒間の無音を全くの感覚だけで合わせる。一番長い場所は1分30秒前後ある。早く読み終わってしまったら、次の音楽まで長い間が空いてしまうし、読みが遅くなると、読んでる途中で次の音楽が入ってしまう。
昨日が初のトライだったが、全て絶妙だった。
我ながら、神ってたと思う!まさにプロの技だと我ながら痺れた!もっともっと練習して、昨日のレベルをキープして完璧にしないといけない。誤差は僅か2秒!

今後は、約83分の作品を全てブルーレイに映像化してスクリーンに投影し、それを全く見ないで全て合わせて上演するつもりだ。
「悠久の自然 アラスカ」をご覧になった方は覚えていると思うけど、約10分30秒ある「星野道夫の魔法の言葉」のシーンは、実は全て映像化している。写真や文字が沢山出てくるけど、僕はスクリーンを全く見ないで全て合わせているんだ。
それと同じ事を、約83分全てやります。

それにしても、東京キッドブラザースの時代は毎年全国ツアーをやっていたが、あれから30年経ち、自分が作った作品で地方公演が出来て本当に嬉しい。そして11月はスイス・ジュネーブ公演だ。海外公演は約34年ぶり。凄いね!

全国で上演出来るように頑張ります!まだまだ挑戦は続く!

追伸:今日は小樽へ行ってから帰京しました。お寿司美味しかった。

失なわれた藍の色

  • 磯部弘 公式ブログ/失なわれた藍の色 画像1
  • 磯部弘 公式ブログ/失なわれた藍の色 画像2
失なわれた藍の色。僕の原点である劇団、東京キッドブラザースの名作。1978年、雑誌ぴあの『ぴあテン演劇部門第1位』。そして『読者投票による演劇ランキング第1位』作品だ。この伝説の日本のオリジナルミュージカル『失なわれた藍の色』が、若手俳優達によって蘇る!
昨日の稽古初日を見学して来た。本読みだったが、心に響く台詞やシーンが沢山あったな。20代の頃、僕もこの作品に出演している。東さんの作・演出、小椋佳さんの名曲で贈る、普遍的な名作だ。
この作品で僕たちは、どれほどの汗と涙を流し、お客さんに気持ちをぶつけて来ただろうか?
今回の若者達も、必ず強烈なものを届けてくれると信じている。僕が藍の色に出演してから30年以上の歳月が過ぎて再び蘇るなんて、本当に奇跡だ。
演出・上演台本は、キッドの後輩の俳優、長戸勝彦。
今回はなんと、キッドの先輩、三浦浩一さんと、三浦さんの2人の息子、三浦孝太、三浦涼介の親子共演が実現!
本番がたのしみだ!
10月14日(土)〜22日(日)渋谷道玄坂のシブゲキにて。
詳細はこちらで。
http://sandt44th.com/

写真:
長戸君の誕生日(8月だったんだけど)を祝う、嬉しいサプライズも!

明日のSONG TO SOUL

明日のSONG TO SOULは、新作、ジグソーの「スカイ ハイ」。僕より10歳くらい下の方は、覆面プロレスラーの、ミルマスカラスの登場曲として馴染み深いと思う。
ジグソーのメンバーが出演し、この曲の誕生について語って頂いてます。是非ご覧下さい。
BSTBS毎週日曜夜11時から。

今ね、市川、札幌、ジュネーブ公演の準備で、めちゃめちゃめちゃめちゃ忙しいです。何と言っても、仕事の合間にこの3つの事の沢山の事をやらなければならない。事務的なことが一番大変。日によっては
メールを1日に50件以上書いている。そんなに早くうてないから大変です。
でも、このような事をやっていると、ナレーションやアラスカの語りをやっている時が本当に楽しい。心が安らぐ。
昨年の公演の時、人生で一番忙しいと言っていたけれど、今も同じかもっとやることがある。
でもね、これをやっているから、深い語りが出来ると思っている。
良い作品を生み出す苦しみです。頑張るよ!