おおっ〜!

電車の中で、本を読んでまして。
今野 敏さんが書いた「疑心」という警察小説。
40分ぐらいの電車移動だったので、ずっ〜と読んでいる・・。

熱中していたので、周りを見ず。
で、久々に周りを見たら・・右斜め前の人が、

人  「(同じ本を読んでいる)」

・・・おおっ〜、一緒!けど、なんか恥ずかしい・・・。
気づかれないように、そっとカバンへ(笑)
で、寝たふり。ちょっと経って目を開けると、
右斜め前の人も、疲れたのか本を閉じている・・・

僕  「(読もうと本を出す)」
人  「(目を開け、また読む)」

読むんかいっ!!(笑)・・・帰り、読むか・・。