タクシードライバー

なんと哀愁漂うオーラを身にまとっているのだろう。『タクシードライバー』この作品でのロバート・デニーロ、僕達男子たるものの社会への反抗心と孤独を味あわせてくれる。最近、少し昔の名作と言われる映画をよく観るのだが、本当に素晴らしい作品ばかりで、尚且つ、これが言いたいとでもいうメッセージみたいなものが、言葉では現す事が難しい感情まで伝わってくる。正直、はじめは昔の映画なんて勉強のためにイヤイヤ観始めた部分があったのだが、完全にやられた。まんまとはまってしまったようだ。

 
  • コメント(全4件)
  • †ゆーしゃん†☆なるべくイベント参加…。゚(゚´ω`゚)゚。★ 
    3/18 00:26

    こんばんは


    たくさん見て下さい
    故知新
    典の様な作品の中にも、現代に通じるところが沢山あるので
    評論ではなく、私の好みですけど

    白黒映画渋くていいですよ

  • k_s × 
    3/18 01:09

    こんばんは♪昔の名作、今もやっぱり名作ですね。
    ロバート・デニーロの演技すごく好きです。

    黒澤明監督生誕100周年記念のイベントも始まりますね。
    少しでも多く観たいなと思っています。
    今まで映画館で観たのは「七人の侍」だけです
    途中、休憩とかあって、昔の映画だなぁ
    感動しました。織田裕二さんが演じた「椿三十?」が
    とっても良かったので、オリジナルの「椿三十?」観たいし
    「羅生門」とかも観たいです。
  • ちぃ 
    3/18 01:36

    彼ゎ役作りの為にタクシー運転手をリアルにやったらしいですね
  • 石尾龍一 
    3/18 02:15

    うわぁ、みなさんさすがにみてらっしゃる。ええ、たくさん観ますよー。
    タクシードライバー実際にやってみてたらしいですね。役作りの鏡とでもいいますか、まぁ彼流のやり方なんでしょうが、やはり努力して作りあげるものなんですね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)