今日のワークは、すごかった

鈴木啓介さんの、モノリスワーク。力強く、今必要な、過去のブロックの一つを、共鳴しながら、取り除いてもらいました。というよりは、自分が、取り除きました。また、このフィードバックは、次回しますね。

さて、前にもご紹介しました、阿部敏郎さんが、「どん底からの脱出」というメッセージで、3日立て続けに心の訓練法を、ブログに載せていましたので、まずは第一回目を、こちらに、載せてみます。

ここに遊びにいらしている方々で、どん底にいる人は、そんなにいないですよね。

でも、誰にでも当てはまるテーマかとも思い、
載せてみました。

一緒にやってみましょう。



では、阿部敏郎さんのブログ、いまここ塾より、



「どん底からの脱出」↓





若い頃に書いた歌の中に「あせるぜ」というものがあります。

できの悪い自分と、出世していく同級生を比べて「あせるぜ!」って叫ぶ歌です。

同級生は5人出てくるのですが、みんな歴代の総理大臣の名前にしました。


僕としては社会風刺のつもりで書いたのですが、マスコミからはコミックソング扱いされてしまいました。

まっ、ふざけた歌ではありますが(笑)



で、今日のメッセージです。

リストラ目前だったり、経済的に破綻しそうだったり、いま袋小路にはまって身動きが取れなくなっている人に伝えます。


あせってはいけません。


うかうかしていると誰かに先回りされたり、自分の分がなくなるなんて考えてはいけません。

競争心は要りません。

ましてや、人を出し抜いて、人のチャンスを奪おうなどという発想は問題外です。

チャンスは自分がいくらでも産み出していけるのですから。



まずは下腹部を引き締めて、ぐっと踏ん張ることです。


そして考えられる限りの最低最悪の状況を想定し、それを受け入れる覚悟を持ってください。

たとえば、家族が離散して、自分は路上生活者になるとか。


そうなったらなったです。

神が自分にそれを望むなら、真正面から受けて立ち、飢えと寒さの中で生きようじゃないですか。

僕は25年前にその覚悟を持ちました。



そうなった時に辛いのは、肉体的な苦痛だけではなく、精神的に惨めになって、敗北感を味わうことです。

しかし、それは違います。

たとえ状況がどうなろうと、そんなことと自分の価値とは何の関係もないからです。

それを理解していれば、苦しみの半分は最初からありません。

実はこの精神的屈辱感を持つことを、多くの人は怖れているのです。



いったんその覚悟を持ったら、最悪のイメージを手放してください。

今度は反対に、自分は絶対に発展していくというイメージを持つのです。


最初から発展的イメージを持とうとしても、心の底に漠然とした不安を抱えていたら、何にもなりません。

その不安を払拭させるためにも、まずは覚悟が必要なのです。


ここまではわかりましたか。


今日はその覚悟を決めてください。




また続きを書きます






   



・・・・・・・・・