てがみ座第五回公演のお知らせです

こんばんは。石村みかです。皆様お元気ですか??
久しぶりの日記更新です。なんかね、Twitterは、最近よく呟いてて、それが自動的にグリーにいくのですよ。けれども、私が最近グリーサイトを、覗いてなくて。。そこにコメントして下さってる方々に全くお返事書けてなくて、ごめんなさい!!この場を借りて、謝まらせて下さいm(_ _)m


そして『空のハモニカ』のご紹介。

この作品は、何て言いますか、来て観て感じて頂けたらと。。東京にいらっしゃる方で、もしお時間ありましたら、是非いらして下さい。


作品は詩人、金子みすゞが題材。。本名宮本テルとして生きた時をやります。詩人みすゞとしての僅かな活動の後、26歳で命を断つまでの数年を描いています。

*私はみすゞをやる事になりました。彼女の事を調べていく度に、純粋で清らかな彼女の印象とは違う部分を発見します。今や光が当たっているみすゞを通して逆に、特別でも何でもない、大正から昭和にかけて、命を燃やした一人の人間が見えてきたらと思います。


そして今回、下北沢劇小劇場が、今まで使った事のない舞台空間になります。新作長田戯曲vs扇田演出。こちらもお楽しみに。
『空のハモニカ』〜わたしがみすゞだった頃のこと〜

演出 扇田拓也 
脚本 長田育恵
9/14(水)〜19(月祝)
下北沢「劇」小劇場

★日時(時間は、開演時間です)
14日(水) 19:30
15日(木) 19:30
16日(金) 14:00/19:30
17日(土) 14:00/19:00
18日(日) 14:00/19:00
19日(月) 13:00/17:00

*上演時間約2時間10分

★料金 前売 3,500円 
当日 3,800円

★出演者  
尾襲内 福田温子 大場泰正(文学座)石村みか 
新井結香(劇団桟敷童子)
美舟ノア 宮本翔太(椿組)今泉舞 阿部伸勝 中田春介


チケットのご予約は、こちらからでも出来ます↓(自動的に私扱いとなります)
http://ticket.corich.jp/apply/2887...

てがみ座のホームページは、
http://tegamiza.net/

劇場へのアクセスも載っています。

どうぞ、遊びにいらして下さい(#^.^#)


石村みか

おお。起きちまった。午前3時半過ぎ

言葉でなく、一瞬の内にインスピレーションがというよりは、エネルギーが脳天に、飛び込んで来た。ほいで、起きちまった。ついでに、メモっとこう。


『誠実でありなさい

魂に誠実でありなさい

誠からの、行動をせよ。心(魂)込めて行動せよ。』



当たり前の事よね。でも、言葉でなく体が熱くなるほどエネルギーで受け取ると、何という説得力なのだろう。

それというのも、


多分、昨日という日は、私にとっては誠に有難い日だったからなのだ。

Twitter経由で、つぶやきもしたけど、
【どんな人にも役割がある。誰一人欠けていい人間なんていない】ってどこか頭だけで、偽善的には思ったりしてたが昨日は、人には本当にそれぞれの役割があるんだと心から実感した。


それぞれの人が、それぞれの人から発しているエネルギーに共鳴しながら、その人その人に見合った役割をしている。
勿論、意識されているものではなく、自然とそうなっているんだから、有難いったら、ありゃしない。


悪役や不快にさせる役割も含めて、万華鏡のようにバランスをとり影響し合っていて必要不可欠なのだな。と。



私の場合、最近は、関わっている人全てが、『それは、おまえにとって皆にとって、本当に誠実な行動であるか。』

というところを、突いてくれていたのだ。


今まで私は、人の顔色を気にして、その場を取り繕ったり、安請け合いしたり、要はその場しのぎをしてきたのだ。そして失敗したり、それでも何とか上手くやろうとして、失敗を隠そうとしたりとかして、後でしわ寄せが来る。そんな事が多々あったのだ。(みっともないわいね)


ところが、最近になって、もういい加減その類の行動は、やめなさい。というお試し企画が何度もやってきている。


良くぞまあ、ここまで揃えてくれたと思うほど、勇気を出して行動しなきゃ行けない事が増えている。



自分を素直に認めること。
ダメな私も素直に認めること。
まあ、じゃあ、素敵な私も素直に認めちゃおうかな(^O^)/

そして、魂に対していい加減な事をしない事。

なんだなぁ。と。これは、ストイックさとは、また違うのだけどね。


体で、実感した、午前3時半過ぎでした。


いよいよ明日、開幕!

昨日もお伝えしましたが、
この非常時にと、色々皆で考えましたが、予定通り、いよいよ明日から公演します。

劇団サスペンデッズ「カラスの国」3/17〜3/23まで、三軒茶屋シアタートラムにて、公演致します

不思議な感覚で本番に向かっています。このような状況で、お客様もいらっしゃる方が、少ないと思います。しかし、このような危機の状況に対しては何の役にも立たないだろう演劇を、私達が続けて作って来た作品を、公開致します。

作品は、地震に揉まれながら、熟成して参りました。

昨日の夜、日記にもしましたが、制作さんから、連絡が入り、
17日、18日は割引になり、3000円となりました!

もし、タイミング合えば、応援しに来て下さい(^^;;

公演情報は、以下です。
http://www.suspendeds.net/

*停電対策などにより、スケジュールが、変更する場合は、お知らせ致します。


今夜は冷えますね。どうぞ、被災地の方々が、一刻も早く暖が取れますように。。 劇団東京乾電池では、座長、柄本明の意向により、劇団員全員で、義援金を被災地へと送る事にしました。

劇団サスペンデッズの制作さんから、メッセージです


地震から数日たちましたが、皆様大丈夫でしたか?また周りの方々もご無事でしたでしょうか。

ニュースを見る度に自然の力の凄まじさと、被災しながら必死に生きている方々の姿と、今生きている奇跡と、様々な気持ちが湧いてきて何とも言えない気持ちになります。

今、演劇をやることの意味は何なのか、きちんとした答えは出ていないのですが、今回、そのことを何度も考えました。

様々なご意見があると思いますが、私達は予定通り、17(木曜)からシアタートラムで『カラスの国』を上演することに致しました。

一人でも来て下さる方がいる以上、このお芝居を観ていただきたいと思い、関わって下さった多くの方々に感謝しつつ、公演に向けて準備をしています。
みなさまに観ていただけたらと思っています。

計画停電などで中止せざるを得ない日もあるかもしれませんが、その際は必ずご連絡します。

長文メールになってしまい、申し訳ありません。読んで下さり、ありがとうございました。

公演日程は…
3月17日(木)19時30分
18日(金)19時30分
19日(土)14時30分・19時30分
20日(日)14時30分・19時30分
21日(祝)14時30分
22日(火)19時30分
23日(水)14時30分

会場シアタートラム
全席指定3500円
ただし、17.18日は3000円で
ご観劇いただけます。
すでにご予約頂いたお客様も
3000円となります。
ご来場を心よりお待ちしております。

さてさて、阿部敏郎さんの、パート3ですよん。

日記を貯めているといっても、なかなか、自分の事となると、書き出せないのが、私ナノよね〜。子供の頃の心象風景はね。結構キツイんだ(。-_-。)


で、その前に、阿部敏郎さんの、エクササイズ。「どん底からの脱出パート3」
なんの事やら。と思われた方は、前の前の日記と、前の日記をご覧くださいませませ




いまここ塾のブログから、「どん底からの脱出パート3」


どうぞ、ご覧ください(^-^)


僕はここにきて、かなりワクワクしています。

それは、ここで展開している内容を実際に生きることで、誰もの人生が好転していくことが分かるからです。


たくさんの成功哲学があり、それらはすべて何らかの真実を含んでいますが、理論的には高度でも、基本的な何かが欠けています。

それはあまりにも単純で、単純であるがゆえに人が見落としている何かです。


そのポイントをどこまで言語化できるかが僕の文章力になってくるのですが、僕にとって幸いなのは、読者の多くが、僕の話を信じてくれていることです。

その態度は、100冊の本を熟読する以上に大切です。

「信」は「知」よりも、遥かに大きな力を発揮します。



通常の思考(自我)は、疑うことが役目です。

何事も注意深く検証し、対象の欠点や矛盾を見つけ出すことで、自分を危険から守っていると思っています。


その一方で、「信頼する能力」はほとんど育っていません。

誰のことも全面的には信頼したことがないという人が、多数います。


そのような人は、実際には学ぶことができません。

知識は増えますが、有効的な学びには至らないのです。



僕はこのシリーズを、どん底から抜け出したいと熱望する人に書いています。

どん底までいっていなくても、もういい加減に現状を好転させたいと思っている人にもです。


そこまで追い詰められて初めて、自分の生き方を見直すことができます。

適当にうまくいっているうちは、自分のやり方を手放すことはできません。


だから、人生はうまくいかないときがチャンスなのです。

いまの苦しみは、ジャンプするための起爆剤です。

ジャンプしたとき、人生には何一つ無駄がなかったことを心から知ることでしょう。




さて今日も、自分の運命を乗り越えて、思いや願いを実現させていく生き方を学んでいくことにします。



まずは復習です。



「最低最悪の状態を、受け止める覚悟をする」



「大いなる力が全てを叶えてくれることを信じ、感謝する」




この二つができたら次にやることは、考えをコントロールする努力です。


そのためには、古い考えの習慣を断ち切って、新しい考え方を繰り返していくこ
としかありません。



古い考えとは、疑い、不安、心配、あきらめ、被害者意識、不条理な世界への怒りなどです。

さらには、貧困、病、戦争、犯罪という見た目の現象を憂うことで、結果的に自分がそういう世界に暮らしている事実です。


人は思考によって、自らの周りに独自の世界を作り出します。

世界は人の意識の投影であり、人の数だけあります。


表面的に見え隠れする世界の不完全さや不条理の奥に、宇宙的秩序が存在し、それは常に発展的なエネルギーに溢れています。

そのエネルギーは、あなたを豊かに、幸せにすることしか望んでいません。

あらゆる現象の背後に、その力が存在し、あなたの願いを叶えようとしています。


何を見ても、そのように考える習慣を作り出すのです。

たとえ大多数が世界の不完全さを信じていたとしても、あなたは完全なる神を讃え、その力が自分に作用していることを感じてください。



あまりに長きにわたり、不信の世界に生きてきたので、信頼する能力を養うのは並大抵のことではありません。


ネガティブな考えを一掃し、ポジティブな考えで満たしていくには、それ相当な努力が必要です。



最初のうちは、本当に大変です。

考えの習慣というのは、それくらい強力なのです。



でも取り組むしかありません。

あなたは、古いやり方を手放して、新しい生き方を学ぶと決意したのですから。



どんなに多くの成功哲学を読破しても、ほとんどの人がモノにできないのは、この努力を徹底しないからに尽きます。

すぐにまた疑いが顔を出し、評論家になり、自分を正当化して、止めてしまうのです




今日の話はとても大切です。



考えをコントロールする努力。

それを怠らないことです。


やがては努力なくしても、新しい考え方が身についていきます。

新しい習慣が生まれるのです。




そうなるまで頑張ってください。


これは頑張り甲斐がありますよ。