春待ちオトブログ Part 2〜走り出せ 桜の声に耳を澄まして〜

  • 石井里佳 公式ブログ/春待ちオトブログ Part 2〜走り出せ 桜の声に耳を澄まして〜 画像1
前回はレミオロメンの
「紙ふぶき」って曲を紹介したけど、
レミオロメンといえば、
同じ事務所に所属している
Salyuさんの新曲「新しいYES」、
最近ハマってます。

でも、今日はSalyuさんを
初めて知った曲

「to U」/Bank Band With Salyu 

を紹介するね。

ヒットしたから、みなさんも
知ってると思うけど。
本当にいい曲ですよね。

Salyuさんの歌声も、
桜井さんの歌声も。
こころに熱く静かに染み渡る。

“悲しい昨日が 涙の向こうで
いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ” 

“沈んだ希望が 崩れた夢が 
いつの日か過去に変わったら
今を好きに もっと好きになれるから 
あわてなくてもいいよ”

ってフレーズ、
心に沁みるんですよねぇ。

そして最後の方に、

“雨のにおいも 風のにおいも
あの頃とは違っているけど・・・”

って言葉が出てくるのだけれど、
この時期は雨が降るたびに、
そして風が吹くたびに、
季節が一歩一歩、
春に向かって進んで行くのが
感じられてすごく好きです。

どこにいても、
日々のことに精一杯で過ごしていると
本来感じられるはずの自然の声に
鈍感になりがちだよね。

街の喧騒や車のクラクションに
かき消されて、季節を感じさせるはずの
“音”や“におい”を
幼かったあの頃より
感じ取れなくなっている
自分が今いたなら。

この曲を聴いてみて欲しいな。
置き去りにしていた何かが、
きっとそこにあると思うから。