野党の責任か (2011.1.19)

 通常国会召集を前に、民主党小沢一郎元代表が政倫審に出席するかどうかの議論が続いている。この問題は昨年来からずっと続いており、政府、与党ともに本来注ぐべき公務、政務のエネルギーが殺がれているように思う。

 この問題は、本来民主党の党内で処理すべき問題である。党内でできないから国会で解決しようとしていると思わざるを得ない。

 民主党は当初、国会前に政倫審で議決をしてでも小沢一郎氏を招致すべしとの方針であったように思う。ところが、ここに来て招致議決が先送りされそうである。報道によれば、民主党内から、「招致議決をすると国会審議に影響が出かねない」と、まるで野党に責任があるかのような発言も出てきたそうだ。

 総理はリーダーシップを発揮すべきである。