総理の胸のうち(2010.1.11)

 菅総理は「人事」についてどのような考えているのだろうか。

 内閣改造が話題になっている。改造と言っても焦点は官房長官を交代させるかどうか、その後任を誰にするのかに尽きる。

 私は人事は果断に行うべきものと思う。今回の菅総理の改造に関して、一連の動きを見ていると、まさしく東奔西走、あっちで相談しこっちで意見交換と忙しいかぎりである。大臣適齢期の人にすれば、日々心落ち着かず携帯電話を握りしめて寝ているのではないだろうか。

 人事でこれだけ結論を引っ張ると、期待に反して大臣になれなかった人に禍根を残すのではないか。人事は熟慮断行、総理一人で考え、果断に行うべきであろう。

 
  • コメント(全2件)
  • *ラナ*イベ友様に感謝 
    1/17 18:12



    国民と 政界

    一般庶民の お給料で 生活してみてもらいたいです


    結局は、自分の保身と 現在の地位 生活に甘んじてるだけで 何を考えて 何をやろうとしてるの

    さっぱりわからないです ( ̄○ ̄;)
  • 九州男爺 
    1/17 23:24

    新閣僚の顔触れを見て思う事…

    駄目だコリャ

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)