支援物資・やっと。

  • 石田美菜子 公式ブログ/支援物資・やっと。 画像1
先日来日記に書いている、石巻市雄勝町への支援物資。

友だちのIちゃんご親戚が被災されたと聞いてから、
2人であれやこれや相談し、なんとかお役に立ちたいと
皆さんのご協力を得つつも、紆余曲折してきました。

毛布もないなんて
http://gree.jp/ishida_minako/blog/...

避難所・その後
http://gree.jp/ishida_minako/blog/...

救援物資・その後
http://gree.jp/ishida_minako/blog/...

そして、皆様からたくさんの情報を頂き、
その都度問い合わせた中で、とうとう
この荷物を届けてくれよう、というボランティア団体に
巡り会いました


その名も 災害メッセンジャー


本来ならこちらは、一人の注文で段ボール1個と決められています。
それでも、希望した避難所に届けてくれるのですから、
被災地に肉親がいる方達には本当に神様のような存在です


私たちの荷物は、段ボールに大小合わせ12個になって
しまいました

でも、とにかく道が寸断され、物資がほとんど
届いていないらしい、ということ、
個人ではまとめた荷物を運べない、
なぜなら、一人で運転したとしても自家用車では
帰りのガソリンや被災地で過ごすための食料・寝袋などを
積んで行くと、ほとんど物資は積み込めないから、
などの状況を詳しくお話ししたら
『それなら私たちが運びましょう』と、
快諾して下さったのです


探し探した甲斐があった
Iちゃんと私、ガッツポーズです


『では、よろしくお願いします…で、お代はいかほどですか?』
と尋ねると、

『…は?…こちらの集荷所まではお持ち込み頂きたいのですが…』

『そりゃもちろんです

石巻まではおいくらお支払いすればいいですか?』

『あ、それは頂いていませんっ』

『へ?』

『そういう主義でやっていますので、東京から被災地までは
こちらで責任を持ってやらせて頂きますっ』

『じゃ、せめてご寄付でも…』

『それも頂いていないんですよ。大丈夫です!』

ええ〜〜〜


自分たちでは出来ない事をして頂くのに、
費用はボランティアでまかなうのだそうです


荷物を搬入した時あらためてお伺いしたら、
こういう時に現れる、詐欺まがいな業者と
間違われないためにも、金銭的なやり取りは
いっさいしないと決めていらっしゃるとの事。

トラスト・エキスプレスさんが、とりまとめて
被災地へ運んで下さるとの事
そして、ちゃんと届いたあかつきには、
その旨ご報告下さるとの事

バンザイ
トラスト・エキスプレス


災害メッセンジャーのえばたさん

ありがとうございます


どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

実はIちゃんに一番近いご親戚のお母様、
避難所では常に励まし役で、家族が安全な場所に呼び寄せようとしても、
「自分が避難所を離れたら、後の人はどうなる」といって
頑張っていらっしゃいましたが、
長引く避難生活で、とうとう体調を崩されてしまったとの事。

避難所から仙台のご兄弟のところへ、身を寄せる事になったそうです。

ですから物資の一部は、宅急便が届くお母様のところへ。
残りは私たちが災害メッセンジャーへ。
そして教会の皆様が私たちのキャパを超え頑張って
物資収集して下さった分は、ボーイスカウトの活動、
大船渡で在宅避難していらっしゃる方達のために
使って頂くことになりました。

たくさんのたくさんの皆様のご好意。
もれなく被災地へお届けする事が出来ました!
今回のこのプロジェクトにご協力下さった
すべての方々に、心から御礼申し上げます

…しかし、この記事を書いている間にも、また大きな余震がありました…
いったいいつになったら落ち着くんでしょう…
被災地支援も、継続して何年も続けて行かなければ…

その時その時に応じて、必要な支援をして行けるよう
注視して行きたいと思います。

皆で頑張って行きましょう