救援物資・その後

昨日は石巻市で、震災からなんと9日ぶりに
おばあちゃんとお孫さんのお二人が救助される、
という明るいニュースが届きました


一瞬のうちに地震や津波によって命を奪われてしまった方が
大勢いらっしゃる反面、その方達の分も頑張って
生きようとしていらっしゃる方々もいらっしゃる、
とあらためて心強く、励ますつもりが逆に励まされ
ちゃってるな〜
と感じてしまいました。

先日来皆さんにご相談してきた救援物資の件です。
という方は一昨日の日記を見てね


なんと土曜日に近所の教会でインフォメーション
させて頂いたところ、すぐにバザーで売れ残っていた
ニット帽37個をご寄付頂き、また翌日曜日の昨日は
さっそくフリースやセータをお届け下さった方がいて、
我が家の分も含め30着弱の衣類を
Iちゃんにお渡しする事ができました

教会の皆様、ほんっとうにありがとうございましたっ


第1便としてさっそく送って役立ててくださる、との事です。

ニュースにもなっていますが、
避難所では10人単位のグループを作って
協力し合い、水は近所に湧く清水を汲みに行って
トイレなども比較的衛生的に過ごす事が出来ているそうです。

Iちゃんはその様子を義姉さんから聞き、つくづく逞しい〜と
心から感心しているようでした。
本当に、すごい生きる力を発揮していらしゃると思います。

今はまだ気もはって頑張れるのだと思います。
早く落ち着き場所が見つかり、少しホッとした時間が
持てるようになったら、と心からお祈りしてます。