ナポリタンとプリンアラモード発祥の地に潜入!

  • 石田美菜子 公式ブログ/ナポリタンとプリンアラモード発祥の地に潜入! 画像1
  • 石田美菜子 公式ブログ/ナポリタンとプリンアラモード発祥の地に潜入! 画像2
来年2月号(1月発売)AERA babyで、
撮った写真の保存術についてのアドバイスを
掲載して頂くことになりました


このお話はもう十ン年前、当時レギュラーで取材に参加させて
いただいていた、某旅行雑誌の「東京ディズニーランド特集」で
一度だけご一緒させて頂いたライターのKさんからの、
突然のメールで始まりました。

お互いに、取材中とても意気投合したのですが、
その後なかなかお目にかかれず、年賀状やイベントのDMなどで
やり取りを続けているにとどまっていました。
なんだか気になる存在で、ふとしたとき「どうしてるかなあ」と
考えてしまう存在でした。

そんな彼女からのメールで、しかもお仕事の依頼。
久ぶりにお会いして、仕事の事もプライベートの事も
話したい事がたくさん!

先月のロケの帰りは、記事の取材もかねて美味しいものを
ということでKさんが連れて行ってくださったのが
ホテルニューグランドのレストラン「ザ・カフェ」。


Kさんいわくこのレストラン、
スパゲティナポリタンとプリンアラモード発祥の地
なんですって


もちろん注文しましたホテルのナポリタン


(ケータイカメラはズームアップしても無駄。
だから広角で撮るとこうなるのね…)

おお、格調高き器

重厚なシルバーで頂くナポリタンは、
やっぱりそこらの喫茶店の品とは別物。
トマトソースがホテルの味=丁寧に作り上げた味、なのです。
日頃ナポリタンを軽んじている私ですが、
これなら大好きですっ。

「アメリカ人がスパゲティに
ケチャップをかけて食べているのを見た
このレストランのシェフが、
それより絶対トマトソースの方が
美味しいのに!と編み出したのが、
ナポリタンなんですって!
日本人てすごいよね」とKさん。
ライターさんは何でもやたら詳しいのです

結構なボリュームだったけど、ぺろり。

そして恐るべし、どん欲な私たち

「もうひとつ行っちゃう?!」





はいっ。
頂きました、プリンアラモード

コチラは本当に懐かしい、久しぶりに食べた王道おやつ。
見た目は今ではよくある普通の感じ。
でも、プリンのお味がやっぱりホテルの味

そういえばこのごろ、パフェやフロート、プリンアラモード、
食べたいとは思うけれど、いつもそれを頼める店では
お腹がいっぱいな場合が多く、ずいぶんご無沙汰でした。

横浜中華街間近のエリアで、こんな名物があったとは
心底驚きました

Kさん、久しぶりの再会に、こんな美味しい情報、
本当にありがとう


お互い忙しいけれど、こんなふうにまた時々接点が持てたら
うれしいな