今日の事件☆

私の愛車は新型プリウスです。

そう、ちょっと前リコールで問題になった機種


それでもこのプリウス、私はかなり気に入っています。

ドテッパラに穴の開いたカローラワゴンに始まり、
→ワーゲン・ゴルフ→オペル・アストラワゴン
→マツダ・デミオ→現プリウス。

いろいろと乗って来たけれど、優秀そのもののプリウスくん

今や信頼のおける、私の頼れるアシスタントくんです。

プリウスは、近未来的発想のもとに設計されているので、
冷たく個性のない車、という印象でした。

でも、いざ乗ってみると、なかなかヒューマンな匂いのする
ヤツなのです。

駐車してある車に近づくと、主人の帰りを待っていた犬が
尻尾を振って迎えるように、ボ〜っと明かりが灯ります


それを見ると私も、我が家に帰ったようなホッとした気持ち

になるのです。
もうひとつの「私の部屋」という感じです。

そのプリウスくんが、今日はどうしたというのでしょう

全然違ったのです


土砂降りの中、車に乗り込もうとドアの取っ手に手をかけると、
いつもならボ〜っと光がついて「ピピッ」とドアを開けてくれるのに、
今日は光りもしなければドアの開く気配もしません。

キーの電池が切れると、アナログでしか動かす事が出来ない。
きっとそれだと思って、とにかく鍵を使ってドアを開け車内へ。

エンジンをかけようとしましたが、これまたまったくな他人顔。

静かです


蛤が口を綴じているみたいに、まったく反応ゼロです


いつも仲良くやってきたのに、急につれなくなった相棒を前に、
私は半泣きになりました


ものすごく寂しい気持ちになりました


トヨタの営業Kさんに即

状況を伝えると、いつもはお調子者のKさん、
こういうときは頼りになる


10分くらいで救助に駆けつけてくれました。

バッテリーに充電を試みると、あっという間に息を吹き返して
いつものかわいいプリウスくんに。

そう、理由はわからないけれど、珍しく3日も車に乗らずにいたら
バッテリーが上がってしまっていたのです

走れるようになってトヨタで軽く点検してもらうと、
時計の時間までリセットさせるくらい放電されていたけれど、
プリウスのバッテリーはかなり強力で、
もうすっかり復帰しているとの事。

しかしエコカーは電気が切れると、
ガス欠より寂しい思いをする事、
今回よく胆に銘じましたよ


トヨタさんの迅速なフォロ〜がなかったら、私…

ほんっとうに、孤独でした


 
  • コメント(全2件)
  • そらうみ【日本人なら日本を守れ!】 
    9/23 22:57

    ひゃ〜

    そんなことが起きるんです


    わたしもプリウスなんですが、日曜に一ヶ月点検に行きます


    側に行くとポワっと室内点灯する
    なんか嬉しいですよ

    プリウスいいですよね

  • hide ** 
    9/24 11:06


    仲間みつけ〜

    私も3日前、朝から相棒のハイエースがバッテリー上がりで困りました

    キャンピング仕様なので走行充電用バッテリーを直結したけどダメで、知り合いに助けて貰いました

    バッテリー上がりはエアコンを使う夏場が多いみたいですね

    ハイエースは街用、旅用に使って
    6日間乗らなかったから、すねたようで



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)