秋元康が祝福!本河純子さん「最終特快」が大賞受賞

http://mantan-web.jp/2011/11/10/20...
テレビドラマの脚本家の発掘を目的とした「第36回創作テレビドラマ大賞」(日本放送作家協会主催)の授賞式が10日、東京都内で開催され、本河純子さんの作品「最終特快」が大賞に輝いた。同協会理事長でAKB48総合プロデューサーの秋元康さんは「すごく忙しかったのですが、シナリオを読ませていただいて、時間がたつのを忘れてしまうくらいストーリーに引き込まれました。仕事として読む僕でも引き込まれるエンターテインメントの力ってすごいんだなと思いました。3・11という大きな悲しみも我々の力で一瞬でも痛みを和らげたり忘れることができたらいいと使命を感じた」とあいさつした。(毎日新聞より抜粋)

本河純子さんは、日本大学芸術学部放送学科卒業、JAL勤務。
学生時代は同じクラブで活動(芸術学部文化部連盟広告研究会)をしていました。