Saori Yukiさん

由紀さおりさんi Tunes米国ジャズ部門1位/カナダワールドミュージック部門1位おめでとうございます。
子供の頃好きだったのでうれしい。
1/18朝日新聞によると「プロデューサーのトーマス・ローディールさんが購入した夜明けのスキャットをひと夏きいて来日公演で共演しプロデュース(要旨)」とある。
感心したのは「由紀さん側が収録候補に挙げた曲は気に入らず、69年前後の日本の歌謡曲から【いいじゃないのしあわせならば】などを選んだ(要旨)」とのこと。
「これを収録できないなら私はおりる」と押し切ったトーマスさんはもちろん、普通なら認めるわけにはいかない条件を最終的に選択できた由紀さんの判断がニューヨーカーの心に響いたのでしょう。

既成の概念やプライドにとらわれてはいけないということがよくわかります

 
  • コメント(全8件)
  • 退会です皆様、有り難うございましたエコ。 
    1/19 14:07

    お勤めしてた頃 上司がファンでカラオケで『挽歌』を覚えたほど聞かされまし

    以前 歌詞をここの日記に書いたりして

    スキヤキ?以来の人気でしょう
    日本語で歌っているとか


    そこが また良いですよね

  • yayoi 
    1/19 14:43

    ル〜ルゥルルゥ〜ル


    ですね

  • _. 
    1/19 15:05

    CDショップで視聴しましたが、違和感なくとてもステキでした!

    日本の歌謡曲の可能性が広がりましたね



  • ティファニー 
    1/19 15:59

    本物はどこの国でも通用するってことですね



  • 石田晃久 
    1/19 17:13

    挽歌を持ち歌の女性上司だったんだ〜
    いね
    前奏長
    「夜明けのスキャット」は
    る〜るるる〜、ぱーぱぱぱ
    だけで、なんと約95秒もつづく

    前述のトーマスさんは視聴しないで購入したらしいね
    美しい声ですからね


  • 気まぐれ猫 
    1/19 18:05

    由紀さおりさんの歌声はもちろん
    日本語は素敵だなぁと思ってもらえたら嬉しいですね

    る〜るるるぅ〜♪ 
  • 石田晃久 
    1/19 18:49

    「夜明けの・・・」
    はる〜るる・・・と、ら〜らら・・・と、ぱ〜ぱぱ・・だからわかりやすいかも

  • yayoi 
    1/19 19:28

    「北の国から」のさだまさしの歌みたいですね

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)