フレーム

  • 石田晃久 公式ブログ/フレーム 画像1
  • 石田晃久 公式ブログ/フレーム 画像2
写真を入れる額を選びに行った。
イタリア製や国産の沢山の中から探すのは楽しいね

 
  • コメント(全10件)
  • まきゅ* 
    9/6 23:20

    画材屋さんはワクワクしますよね〜!

    どんな写真を飾りますか?
    気になる…


  • 気まぐれ猫 
    9/6 23:24

    フレームもこうやって並べて見るとアートです

    こんなに種類があるなんて・・・ ワクワクしちゃいます(= '艸')
  • 石田晃久 
    9/6 23:26

    「マミヤ子供写真館」で撮影した子供たちの写真が飾られるはず。
    額職人によると西洋の一神教地域では額は神への窓となるらしい。
    八百万の神で四季と自然に恵まれた日本では住宅事情もありポスターや写真を額装する習慣が少ないみたいだね。
  • ひなばあば♪ 
    9/6 23:27


    フレームで印象が全然違いますよ



    「これ
    」というものを見つける秘訣は

  • izumi 
    9/6 23:29

    楽しそ


    額装も作品の一部ですから



  • 石田晃久 
    9/6 23:38

    一般的に宗教画や油絵など古典的な絵画は装飾的なもので、ポップアートやリトグラフ、写真など現代美術はシンプルなフレームにすることが多いね。上の写真は額装目的ではなく撮影小道具用です。ぼくは2〜300点の中から直感的に選んだけど、部屋の雰囲気にあわせて対象物を引き立ててくれるものを楽しんで選べばいいんじゃないのかなぁ。
    フレームで見え方が変わってくることもあるよね。
  • yayoi 
    9/7 01:07

    フレームもインテリアで楽しく模様替えもできますね

  • ティファニー 
    9/7 09:44

    綺麗で
    より石田さんの写真引き立ちそうですね

  • キョン 
    9/7 16:03

    人の魅力も
    フレームで違うかな

  • 石田晃久 
    9/10 08:19

    そうね、インテリアにあわせて選べば自然に決まってくるよ
    オーダーメードは楽しいですね。
    もちろん演出より中身じゃないかなあ。多少は良くなるかもしれないけど
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)