遭遇

  • 石田晃久 公式ブログ/遭遇 画像1
  • 石田晃久 公式ブログ/遭遇 画像2
アメリカンなスクールバスが麻布十番を走っていました。

カメラのご質問がありましたのでお答えします。
ハッセルブラッドとはスウェーデン製のカメラです。
現在はデジタルカメラも販売していますが先の日記ではフィルム時代の高級中判一眼レフカメラのことをさしています。
基本的に撮影サイズは6x6cmのスクエアフォーマット(正方形)になります。
"BLOW-UP"をはじめ、映画の中でスチールカメラマンが登場するシーンでしばしば小道具として登場します。
完全機械式でメカニカルなチャージ音とシャッター音がする機種はいまでも中古市場で幅広い支持を得ています。
ほとんどのハッセルブラッド用レンズはドイツのカール・ツアイスで、いわゆる「味がある」レンズとされています。
あこがれ、ステータスシンボル、夢、たくさんの思い出や希望がつまっていた、歴史に残る近代の代表的なカメラです。

 
  • コメント(全7件)
  • ティファニー 
    1/12 19:12

    日本じゃないみたいです
    色鮮やかで楽しい


    ちなみに、私タイミング悪くて、電車頭から取りたいと思っても、お腹しか写ってませ


    走ってる車も同様で


  • ぽんた 
    1/12 20:21

    アザブジュバァンって流行りましたよね?

    カメラは何を聞いても解らない

    ただ、カメラ好きのお兄ちゃんに結婚式の写真を撮ってもらったのが、正方形で、焼き増しするのも専門店で困った事思い出しました
    て現在シングルですが、時代ですかね

  • えみ 
    1/12 21:03

    おばんです

    アメリカンなスクールバスは、なぜ黄色なの


    世界中で「アメリカンなスクールバス」として認識される、この浸透力


    この頑固さ


    なぜなのか、想像すると面白い



  • *たかずぷこ*(釣りニワしばらく休み) 
    1/12 21:09

    アメリカンなスクールバスはやっぱりアメリカンスクールのバスなんでしょうか

    私の町の町立幼稚園のバスも黄色です


    普通のマイクロバスな形ですが

  • 石田晃久 
    1/12 21:21

    タイムラグがあるので、ファインダーに見えてから押していると間に合いません。予測して早めにシャッターを切るか、連写モードで押しっぱなしです。

    そうです、6x6などのブローニーサイズは専門店でないと焼いてもらえないのです。
    良く覚えていましたね。

    黄色いのは目立つためだと思うけどなぁ。止まっているバスを追い越しもできないし、対面通行時、対向車も止まらないと交通違反だから。国際免許もっていったときもスクールバスにはすごく注意していました。たしかになぜか全部この色だよね
    アメリカンだけにアメリカンスクールといいたいところですが、横の文字を見るとヤマトインターナショナルスクールと書いてありますね。通りかかっただけなので「なぜゆえヤマト?」と突っ込まれても詳しいことはわかりません。

  • ししまる 
    1/12 21:30

    映画みたいですね〜


    中でカメラかまえるのって
    ちょっと照れませんか?
  • 石田晃久 
    1/12 21:40

    みんなが注目しているのはカメラマンではなく被写体ですから大丈夫ですよ。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)