昨日に引き続き、

ワークショップ2日目です。
今回は公演台本から幾つかのシーンを抜粋して行ってます。
男性三役、女性四役あるのですが、事前に希望を聞きつつ、色々な組み合わせで読み合わせを行いました。
同じ役でも、演じ手が変われば印象が変わるのはもちろんですが、それ以上に組み合わせによって大きな違いが生まれます。
同じ人が上手く見えたり下手に見えたり、という事も起こります。
それを見極めながら、セレクトしていくところに、キャスティングの面白さがあります(^^)

今日から参加する人もいるので、またどんな化学反応が起こるのか、ワクワクしています