砂田麻美監督『エンディングノート』上映とシンポジウムが500円で

  • 井坂聡 公式ブログ/砂田麻美監督『エンディングノート』上映とシンポジウムが500円で! 画像1
日本映画監督協会は、2年前から東京国際映画祭と提携して、前年度の日本映画監督協会新人賞受賞作品の上映、受賞監督と海外からのゲストによるシンポジウムを開催してまいりました。
3回目の今年は、初めての試み『日本橋で日本映画を観よう(東京国際映画祭
in日本橋)』の会場となる、日本橋三井ホールに砂田麻美監督とゲストをお招きして、受賞作『エンディングノート』の上映とシンポジウムを行います。
末期ガンに冒された父親が、自らの集大成として人生の記録を決意、それを実の娘が自らのカメラで撮影するという、異色のドキュメンタリー。ともすると重くなりがちな題材を、お父さんの明るい人柄がむしろ「こんな人生っていいな」という爽やかさを感じさせる作品です。
一般1000円/学生500円ですが、都内の映画館などに置いてあるチラシ(写真参照)をお持ちくだされば、一般でも500円でご覧いただけます。この機会に是非足を運んでみてはいかがでしょうか?
沢山のご来場をお待ちしております!

日時:10月25日(木)18時30分開場/19時開演
   19:00〜20:30 上映 映画『エンディングノート』(砂田麻美監督)          第52回・日本映画監督協会新人賞
          出演:砂田知昭ほか(ドキュメンタリー)
   20:30〜21:10 シンポジウム 砂田麻美監督+映画祭来日海外ゲスト  

映画『エンディングノート』公式サイト http://www.ending-note.com/
東京国際映画祭公式サイト 『エンディングノート』紹介ページ
         http://2012.tiff-jp.net/ja/lineup/...

会場: 日本橋 COREDO室町 5階 日本橋三井ホール(入口は4階)
             東京都中央区日本橋室町2-2-1
      東京メトロ半蔵門線・銀座線 三越前駅からすぐ(A6番出口)
     JR総武線快速 新日本橋駅からすぐ
       
料金: 映画上映+シンポジウム
       一般 1000円(前売り・当日とも/都内の映画館などで配布中の
チラシご持参で500円)
      学生 500円(当日、会場受付窓口にて)