密室にて…

男女3人、舌を激しく出し入れして、上下左右前後に回し、四つん這いになって「アー、アー
」と大きな声を上げ…


って、変な想像してませんよね



これは昨日の読み合わせのために借りた音楽スタジオでの発声練習の光景です



今回の朗読ライブは小さな音楽ホールで肉声で行うので、歌うような発声を意識するとよく響く声になるのではという、音大出身の女優さんの発案で読み合わせの前にやってみました


なぜか演出の私までやらされたのですが


舌の運動はやってみると分かりますが、顎が痛くなります

でも、これは体のストレッチと一緒だそうです。
これを繰り返すことで、顎の筋肉が柔らかくなるそうです

もちろん舌の動きも滑らかに

そう
『滑舌』が良くなるわけです



それから、四つん這いになって発声するのは、舌が下がるので無理なく喉を開く事が出来、声が出しやすくなるそうですよ



是非試してみて下さい