時の流れ

時々ふと過去を思い返したりすることがある。
去年の今頃は……?などと。

今が辛く、かつてが楽しみの真っ只中にいたりすると、
切なさで胸がいっぱいになったりする

時間を戻してほしいと、泣き叫びたくなる


しかし泣こうが喚こうが、時間は戻らないし、
現実は変えようがない。
ありのままを受け入れるしかない。

そんな時は、どうするか。
桑田佳祐の『明日晴れるかな』の歌詞にいい答えがある。

遠い過去より、未だ見ぬ人生は
   夢一つ叶えるためにある



1年後、大きな喜びを手にしているかもしれない

未来は自分で作り出せるものなのだから


変えようのない現実に浸って愚痴るのではなく、
辛くても一歩一歩進もうとする人に、
きっと運命の女神は微笑んでくれると信じて


そんな自分でいつもありたい