ギターもいいけど、もっとビックリ!

今日は、荘村清志先生が毎年出られている、ギターフェスタに行ってきました


その回ごとに内容を変えての、全4ステージの最終回で、今日はジャズギタリストの横田明紀男さん、クラシックの福田進一さん、荘村清志さん、という取り合わせです

横田さんは初めて聴きましたが、1曲目が何とスモークオンザウォーターのアレンジ版で、アコギだとこんな感じにもなるんだなーと、新鮮に聴かせてもらいました


2部は、福田さん、荘村さんの二人が登場、久石譲さんの書き下ろし作品も含め、息の合った演奏を堪能しました

ドラムもカウントも無くても、呼吸一つで同時に入り、二人がぴったりと合うというのは、長年の阿吽の呼吸でしょうか

(バンドでカウント無しでずれなかったら凄いだろうな〜〜


終わってから、ロビーで荘村先生の奥様と、とても品のいい女性が話していらっしゃいました
近づいて挨拶した私のことを奥様が紹介しようとしたら、その上品な女性が、「ベンチシートを歌ってらっしゃった方ですよね」と言って下さったので、「はい、よくお分かりになりましたね」「レコード買って持っていましたから」という会話になりました


そのあとです、ビックリしたのは!

「この方、野田総理の奥様なのよ」

そうなんです 日本の首相の奥様


つまり、ファーストレディーが、ジューシィを聞いていたという、今日はギターよりビックリの光栄な気持ちになった記念日だったのでした